ハーメルン
Parallel Worid of ZI-O -仮面ライダーピリオド-
ビースト・ショウタイム/2018

「「はぁぁぁ‼︎」」

私のジカンサーベルとダークキバのザンバットソードがぶつかり合う。
お互いの技量は大して差は無いが、スペック的に言えば私の方が劣る。

アーマータイムによる手数の多さが強みのピリオドに対して、ダークキバはその高い防御力と攻撃力に加えてほぼノーモーションで発動できる紋章ハメという厄介な能力を持つ。さらにアトラの場合は本来存在しない能力がある。

ボ・ボ・ボウガン!
『W!』

一旦距離を取りジカンサーベルをボウガンモードに変形させて射撃を行うが、すかさずダークキバもフエッスルを挿入する。
召喚したのはWのトリガー形態が使用する『トリガーマグナム』。

これがアトラの持つ能力。歴代ライダーの力を他のネガライダーのアイテムに変換することができる。ダークキバの場合はフエッスル、以前戦った時にはアドベントカードやロックシードまで所持していた。

トリガーマグナムはルナトリガーの状態で召喚されたのか、弾道が不規則に変化する。あまり遠距離戦がいいとは思えない。つーかエボルでいったほうが良かった。

『今更すぎる。が、紋章ハメは流石のオレでもどうにもならんぞ。』

ワープ機能がある分幾分かはマシでしょ。
近接パワータイプで押し切るわ。

GILLS!
Armor Time!GILLS!

ギルスウォッチを起動し、濃い緑色の生物感が強いギルスアーマーを纏う。私目掛けて飛んでくる光弾を両肩から伸びる触手『Ωギルスフィーラー』で払い除けて行き、両腕から生えた刃『Ωギルスクロウ』でダークキバに斬りかかる。
ダメージは微妙だがさっきよりかはマシらしく、少し怯んでいる。その隙に触手を駆使してトリガーマグナムを奪い取り撃ち込む。

「ハッ、ジオウやゲイツより強いのは当然か。ならもう少し手の内を見せてやる。」

余裕そうにアトラが取り出したのは…またもや銃形の武器……!?あれは…!

『カイジン ライド レギオン バハムート』

ディエンドライバーにカードを装填しトリガーを引くと、二体の怪人が召喚される。
薙刀を持った単眼の怪人、レギオン。
赤い肉体のどこか魚類を思われる怪人、バハムート。
いずれもウィザードと戦った、しかも幹部級では無いとは言えウィザード、ビーストを苦戦させたファントム。

「貴女の心…実に美しい…エキサイティング‼︎」
「クク…俺も楽しませろ!」

躊躇いなく突っ込んでくる二体の怪人を迎え撃つ、がギルスアーマーは攻撃力は高くても紙装甲。あいつら相手には相性が悪いかも。
特にレギオンはヤバい。あいつの槍『ハルメギド』は切り裂くだけでアンダーワールドへの侵入を可能にする面倒な能力がある。できれば近づきたくないけどゴリゴリ脳筋型なバハムートに押し勝てる遠距離型は…くっそ、タンクタンクとかカチドキとか中間形態が羨ましい!

『だからエボルにしとけばってあれほど…』

一回しか言ってないでしょーが!とりあえずはローグで凌ぐのがベスト…

『あ…ヤバい…エミ、上見ろ。』

は?何よ急に……やっべ、紋章あるじゃん。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析