ハーメルン
Parallel Worid of ZI-O -仮面ライダーピリオド-
ハロー・マイフューチャー/2068

「なーにあれ…?」


自宅があるマンションの4階のベランダ。
そこから見えるのは街を破壊しようとする七体の巨大ロボ。
側から見たらでっかい電動剃刀にしか見えないけど、そんなコミカルな印象抱いてる暇じゃあない。

『五体でようやく街一つ滅ぼせるくらいか、俺1人には到底及ばないな。』

張り合うな張り合うな。
てか急に空から降ってきたけど、あれは敵なの?それとも味方?

「あれはダイマジーン。オーマの日に世界を滅ぼす我が魔王の兵器さ。」
「ウォズ君、君は人の話を聞かないの?」
「ベランダだから問題はないだろう。」
「不法侵入には変わりないから。アンタもだよ、アトラ。」
「ははっ、やっぱ分かるか?」

いつの間に来たかは知らんが、いるって感じだけはしたからねぇ。
まあウォズ君の言う通りベランダの方がまだマシだからなんも言わない、シャクだけど。

「で、世界を滅ぼすあの巨大剃刀はソウゴ君が呼び出したの?」
「いや、あれは自然に起動するもの。我が魔王の覇道において起こりうる事態だ。」
「嘘つくなよ。誰がとは言わないがあれは人為的なもんだろ?それにオーマの日にはまだ至ってないはずだ。」
「……何故そのことを君が知っている?」

どうやらアトラはウォズ君が導こうとしている覇道の裏を知っているらしい。
ウォズ君の反応からするとタイムジャッカー側も知らないはずの事だろう。

「へぇ、しらばっくれはしないんだ。」
「隠すだけ無駄じゃないかと思ったからね。私の予想が正しければ君はこの事を我が魔王には伝えないのだろう?」
「よく分かってるじゃないか。あいつらはまだ必要だからな。ウールやオーラは困ってるぽいが、俺にとっては正史からかけ離れてればより良いからさ。」
「さりげに話を逸らしてる感じがするから、私が聞くわ。アトラ、アンタは何であれが人為的なものって知ってるの?」
「さぁねぇ。一言言えるのはオーマジオウにとってもあれは害悪だと言うこと。得するのはウォズくらいだものな。」





「否。あの程度は我が魔王にとって障害にすらなり得ません。貴方がたが如何なる手を打とうとも我が魔王に至る未来は変わりません。」




聞き覚えのない4人目の声。
一斉に全員が振り返る。
そこにいたのは黒の軍服とドレスコートが一つになったような独特な、それでいて気高さを感じる服を羽織った女性。
その顔は紛れもなく()


「……未来の私、であってるよね?」
「いかにも。はじめまして、過去の私。」
「驚いたわね、今の顔と全く同じなんて。世の女性が知ったら血涙流して知りたがる美容法じゃない。」
「私自身、姿が変わらないのは驚いていますよ。ウォッチの力、大方エターナルかオーディン、あるいはゼロノス辺りでしょうかね。」

世にも奇妙な光景を目の当たりにしつつも、案外冷静みたい。
タイムトラベル系ライダーならあり得なくもないって前々から思ってたからかしらね。

「…過去と未来の同一人物が談笑するシーンとか面白すぎるね。それで騎士団長様がこんな時代まで何の用ですかね?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析