ハーメルン
Parallel Worid of ZI-O -仮面ライダーピリオド-
Periodのbeginning/2018

2000年、仮面ライダークウガから始まった平成仮面ライダーの歴史。

そして2018年、1人の少年が19人のレジェンドライダーの力を受け継いだ。
彼の名は常磐ソウゴ、又の名を仮面ライダージオウ。

レジェンド達の力を受け継いだ彼には「最低最悪の魔王」ことオーマジオウになる運命が待ち受けていた。

オーマジオウの未来を変える為、2068年から来た明光院ゲイツとツクヨミ。

オーマジオウの未来へと導く為、2068年から来たウォズ。

オーマジオウを消し、自分達が擁立した者を王にする為、2068年から来たタイムジャッカー。

それぞれの願望や野望が複雑に交錯する『ジオウ』の物語。

だが『本来のジオウの世界』とは違う『この世界』には更にもう1人、新たな存在が加えられた。

『彼女』の名は




『仮面ライダーピリオド』、平成ライダーの歴史に終止符を打つ者。








えーと、皆さん初めまして。

先に自己紹介させてもらうね。

私は「高倉エミ」。

いわゆる……転生者…ってやつかな?

え、なんで疑問形なのかって?いやそれがね、定番の神様的な何か(幻夢の社長さん含む)に会ってないのよ、私。

ただ前世(多分)の記憶を持っているだけ。

だから疑問形。

因みに前世はかなりの平成ライダーオタクだったわ。

いや……「だけ」は違うかな。

これが定番の異世界転生なのだとしたら、私にも転生特典みたいなものがあるわけでして、この紙を見てもらいますと

『高倉エミへ

やあ、若き日の私の側近よ。
そろそろお前がこの世界に生まれる頃だろうか、と思ってウォズにお前用のジクウドライバーとウォッチを届けさせておいたぞ。
私の騎士団長にふさわしいライダーとなるのを期待している。

オーマジオウより

追記:幼き頃のお前の教育係と遊び相手用にエボルト宿らせといたぞ。』

『という訳だ』

シャラップ、エボルト。
オーマジオウってなんぞって思ったそこの貴方、私にも分からん。
というのも私が前世で死んだのは2018年の秋頃、ビルドの最終回を見た後なの。ジオウってライダーが放送されるのは知ってたけど話は知らないのよ。

たださぁ……なんでエボルトなんてオマケつけちゃったかなぁ⁉︎
余裕で地球滅ぼせそうなんですけど⁉︎私にぃ!忠誠をぉ!誓えぇぇ‼︎

『まあ深呼吸でもして落ち着け』

これが落ち着けますか⁉︎

『いや、俺とお前もう24年もの付き合いじゃん。いい加減慣れようぜ。』

慣れてるよ、とっくにね。ただ思い出すとやっぱりなんか腹立つの‼︎

はぁ……はぁ……取り乱したね、ごめんなさい。

それで騎士団長ってなーに?って思ってたら、未来のオーマおじーちゃんの側近ことウォズ君が教えてくれました。

どうやら私は2068年、『最低最悪の魔王』として君臨するオーマジオウを守護する存在になるっぽいです。


どう考えてもダークライダーやんけ。


後のオーマジオウとなる常磐ソウゴって人がレジェンドライダー達の力を受け継いで王になるっていうのが、ウォズが導くべきシナリオらしいの。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析