ハーメルン
Parallel Worid of ZI-O -仮面ライダーピリオド-
筋肉と心火の方程式/2017

あらら?
アナザーライダーボコりに行こって言っただけなのに、ポカンてしちゃってるよ。

『そりゃあ変な女がライダーになって、自分襲ってたやつボコった後にそんな事言ったらそうなるわ。』

それもそうね。

「えっと…まずアンタだれ?何?」
「いやいや、さっき名乗ったじゃん。仮面ライダーピリオド、高倉エミって。」
「いやいやいや、さっぱり分からないんだけと!」
「えぇ〜…ま、仕方ないか。ん〜、ソウゴ君は大体の事はウォズ君からもう聞いているでしょ?50年後、君が『最低最悪の魔王』、オーマジオウになるって。」
「う…うん。」
「私はね〜、未来のオーマジオウから君を守る騎士になれって言われたのよ〜♪」
「え、騎士?ってことはエミさんも未来人?」
「いんや、私は現代人だよ〜。君らより年上だけどね。ま、そんな事は今は些細な事だよん。問題はアナザービルドの方。」

ソウゴ君は先程アナザービルドを倒したと言っている。
けど2018年にアナザービルドを倒しても一時しのぎにしかならない。生まれた時代に元となったライダーの力で倒さない限り、何度でも蘇る。それがアナザーライダー。
そして今この時点ではアナザーライダーが『本物のライダー』となっている。
それはオリジナルの変身能力やライダーとしての記憶が失われている。

「だーかーら、まずはビルドの力を貰わなきゃいけないんだよ。」
「ビルド……戦兎のこと⁉︎」
「YES♪彼ならきっとnascitaに居るはずだよ。」






いくら記憶が消えていても中身が同じなのだから、主役枠なら基本話せば通じる人達ばかりだと私は思っていました。

しかし蓋を開けてみればどうでしょう。

「だぁから、ツナ義ーズこそがテェンッサイバンドグループだってさっきから言ってんでしょうが‼︎」
「はっ、何言ってんだ。これからの音楽界背負って行くのは最強!天上!極上!の三拍子が見事に揃ったみーたんに決まってんだろ。」
「何言ってんだ!みーたんには筋肉ねぇだろ!」
「お前は筋肉でしかアーティスト見ねぇのかよ。おいヒゲ、お前もみーたんの素晴らしさを教えてやれ。」
『右に同じ』
「お前右だし、もっと力説しろよ!」

ありのままを教えるよ!
nascitaはツナ義ーズファンとなってしまった戦兎と龍我と、みーたんファンになってしまったカズミン(こいつは元々か)と玄徳の抗争地帯になっているよ!

『ビルドファンがみたら爆笑だろうな。』

うん、私も今すぐ腹抱えて笑い出したいもん。
てかエボルト、アンタさりげなくブラックホールコーヒー淹れようとしないでよ。

『ちっ、バレたか。』

今までに何度も不意打ちのコーヒーで死にかけたんだから、警戒くらい当然するわよ。
ん?ソウゴ君はどうしたのかな?
あ、奇数になったから抗争に巻き込まれてる。オモシロ。

うーん、にしてもこれは困った。
ウォッチを見せるなりなんなりしてウォッチをもらおうと考えてたけど、この状況でまともに話は出来ないよねぇ。どうしようか?

『奪う?』

のっけからそれはちょっと。

「「「「うおお‼︎⁉︎」」」」

ほわっ⁉︎何々?What's happen⁉︎

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析