ハーメルン
仮面ライダーW / IとSを繋ぐ者
Jとの出会い/始まりの終わり

自分でも驚く程に驚異的な回復力で腕の骨は結合し、既にギブス無しでも動かせるくらいにはなっている。
あの事件から1週間とちょっと過ぎた頃、俺は依頼の主である高橋直樹の母・高橋雅子(まさこ)の元へ来ていた。内容はもちろん事件の解決へ少し手をかけたからである。確信を得るにはまだだが、この訪問が終わる頃には推測は事実となっているだろう。

「それで、探偵さん。事件の解の為に聞きたい事とは?」
「えぇ、それはですね──」
DOMINATE(ドミネイト)!』

唐突に音声が鳴ると彼女の額の真ん中にコネクターが浮かび上がってきた。あまりに突然の事に驚き彼女は少しばかり放心すると慌てて額を隠し始めた。

「こ、これは!」
「息子を守るため、ですよね。dominate(ドミネイト)、意味は支配する。となると推測ですが、能力は同じドーパントにしか効果が無いのが簡易的な命令ができる。といった所ですか?」
「……なぜ分かったのでしょうか?」
「先日、俺の使いだと言って尋ねてきた子がいませんでしか?彼女に息子の生死が分からない事を伝えるように頼みました。メモリを使うならばこのタイミングだろうと踏んでね。しかし、用心深い貴女なら俺が尋ねてくる可能性のあるこの家にこれ(ガイアメモリ)は置かない。ならば何処かに隠してあると思い、遠くから追跡させたんですよ。後は警察に周囲を捜索してもらえば良い」

すると扉の奥に控えていたくたびれたスーツを着た警官と若手の警官の2人組が入ってくる。既に外にも数人の警察官が待機しているのは目視出来た。

「高橋雅子さんですね、貴女には逮捕状が出ています。署までご同行願えますか?」

若手の警官が罪状を読み上げて手錠をかける。そして喚いたり反抗することも無く外に連行されて行き、数人の警察官に囲まれてパトカーに乗せられてこの場を去っていった。
それを見届けるとくたびれたスーツを着た警官がこちらに向かってきた。

「よお、翔太郎。今回もお手柄だったな」
(じん)さん、ありがとうございました。確証なんて無いって言ったのに着いてきてくれて」
「いやなに、お前さんの功績を考えれば外れる事はないだろうってな。何せ用心深いから九分九厘確定するまで手を出そうとしねぇじゃねぇか」

彼は仁野幹久(じんのみきひさ)、親父曰く元々この街の交番の巡査だったらしいがドーパント関連の事件によく遭遇したらしく昇進、今は本署の方で警部補として日々事務方をこなしている。時たまドーパント関連の事件があれば出張ってくる様な窓際部署だが、彼自身はそれが楽で良いらしい。暇があれば菓子と昆布茶を啜っている姿がよく目撃されている。

「それで、直樹さんの方は見つかったんですね?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析