ハーメルン
氷柱は人生の選択肢が見える
其の十: 「左腕」

「弱者は引っ込んでいろ。虫酸が走る」
「ハハ、そう言わないでくださいな」

私、明道ゆきは上弦の参『猗窩座』と対面していた。引きつった顔と震える手を押さえ込む。なんとか目の前にいる猗窩座に対して笑みを浮かべるが、表情が持ちそうになかった。今、とてつもないほど帰りたい。目の前にいる鬼があまりにも強すぎる。一目見て敵わないと理解した。私はポンコツ剣士なので初対面では相手との実力差が分からない場合が多いのだが、その自分が一瞬で『逃げるべきだ』と思ってしまった。理解できてしまった。敵わない。逃げるべきだ。乗客や主人公達を見捨てるべきだ。

(でも、ここで炭治郎達を見捨てれば彼らが死んでしまう可能性が高い)

チラッと横目で列車の方向を見る。主人公・炭治郎は原作通り腹に怪我を負ったのか地面に横になりながら私達へ視線を向けていた。伊之助も同じようにこちらを窺っている。善逸の場合は漫画と違い、気絶はしていなかったが、足に怪我をしたのか炭治郎と共に転がっていた。彼らの近くには禰豆子・弟子の二名がおり、この二人は乗客を守ったことにより気絶している。この時点で猗窩座との戦闘が無理ゲーすぎて泣けてきた。戦える人間が私と伊之助しかいねーじゃねーか。現段階ではまだまだ未熟の伊之助と、クソ雑魚剣士の私で上弦に勝てるわけねーだろ。

余談だが、列車は一番先頭の車掌室がある車両以外は転倒せずに線路上に残っていた。理由は先程放った技により上弦の参『猗窩座』の攻撃が全車両に通る前に車掌室のある車両と次の車両を切り離せたからである。これだけ聞けば私がとんでもない技量を持つ強者に思えるだろうが、違う。あの時、私は猗窩座へ攻撃を入れるつもりだった。

ここで思い出して欲しいのが『明道ゆき』の剣の腕だ。

氷の呼吸・参の型『墜ち氷柱』はつららのように斬撃を飛ばす遠距離攻撃の技で、剣撃が当たるかどうかは本人の技量が大きい。剣の才能がまるでない私の斬撃は大幅に猗窩座から逸れ、先頭車両と次の車両の結合部分に当たってしまったのだ。車掌室のある車両が他の列車から離れていく瞬間を見た時はマジで血の気が引いた。だが、不幸中の幸いというべきか、それのおかげで上弦の参の攻撃が一番前の車両を伝って全車両に通ることなく終わりを告げたのである。結果、全車両の転倒を阻止することができた。

そこまではいい。偶然にしろ、乗客に怪我を負わせずに済んだのだから。問題はここからだ。

(どうする…。この状況、どうする…?! 上弦の参からどうやって自分と他を守る…?!)

表面上、上弦の参『猗窩座』は弱者が嫌いで、強者が好きな人物だ。脆弱な人間は直ぐに殺し、武に優れる者とは心行くまで戦いたいタイプの鬼である。武に関して白黒はっきりしている奴ほど戦いでの油断は生まれにくいため、絶対に猗窩座と戦うものかと考えていた。故に『二十五で死ぬ呪い解除のためにどの上弦と戦うか』という自分の脳内会議で『猗窩座』の名を直ぐに消去したくらいである。

(一番警戒していた鬼と何の対策もなく一対一の戦い? 冗談も大概にして欲しい。マジで胃が痛い)

だが、この状況で何もしないわけにはいかない。猗窩座に弱者だと思われて直ぐに殺される前に強キャラ感を出さなくては。そう考えて私は即座に口を開いた。余裕ありげに笑みを浮かべながら名乗りを上げる。

「私は氷柱・明道ゆき。鬼殺隊最高位を戴いている隊士の一人です」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析