ハーメルン
氷柱は人生の選択肢が見える
其ノ十二: 「炎柱はゆるさない」


――――これが、上弦の鬼。

炎柱・煉獄杏寿郎は独りごちた。ピリピリとした緊張感が肌を刺激する。それに伴い、刀を握る手が微かに震えた。

目の前にいる上弦の参は身に負った大火傷と、爆破により幾つか手足が吹き飛んだ身体を引きずっている。満身創痍の鬼の頸なんぞ直ぐに落とせそうなものだが、一切の隙がなかった。上弦の参は苦しそうに眉をひそめながら面を上げる。

「その練り上げられた闘気…柱だな? ようやく強者がきたか。俺は猗窩座。名はなんという?」
「俺は煉獄杏寿郎だ」

上弦の参『猗窩座』に返答しながら眉をひそめた。己と対面する上弦の参は大怪我を負ったにも関わらず、早くも治り始めているようだったからだ。桁違いの再生力、ひと目見ただけで分かる強さ。もしもこれが上弦ではなく下弦の鬼なら、あれほどの爆破をモロに受ければ、まだ動けずに踠いているだろう。だが、目の前の上弦は後数分も経てば完全回復するに違いない。そこから導き出されるのは「煉獄杏寿郎が今まで遭遇してきた雑魚鬼達とは訳が違う」という結論。目の逸らすことができない事実。

かの鬼は、本物の強者だ。

思わずゴクリと唾を飲み込んだ。嫌に舌が乾く。煉獄杏寿郎――――俺は久方ぶりに対面する強敵に目を細めた。

(果たして、この鬼に敵うかどうか)

伝聞や資料の記載によると、上弦と戦った隊士の大半が死亡していた。勿論、生き残る者もいる。だが、戦線復帰出来ぬ程の大怪我を負う隊士の方が遥かに多かった。

入れ替わりの激しい一般隊士ならいざ知らず、柱までもが同じようになるのだ。それどころか、この数百年、鬼殺隊が上弦の鬼を倒した記録は皆無である。いかに上弦の鬼が強く、恐ろしいか。今まで上弦について記録や伝聞でしか知らなかったが、今日初めて『猗窩座』と対面して悟った。『上弦の鬼』は筆舌に尽くし難いほど強い、と。

(俺一人では猗窩座を相手に生き残ることは難しい。いや、言い方が悪いな。自分だけの生存であれば可能だが、乗客や隊士を守りながらとなると……不可能だ)

そう、自分一人では。

猗窩座からは目を離さずに、意識だけを周りに向ける。自身の左右には恋柱・甘露寺蜜璃と水柱・冨岡義勇が自分と同じように刀を構え、警戒していた。煉獄たち三人の後方には蟲柱・胡蝶しのぶが立っている。更にその後ろには――大怪我を負った氷柱・明道ゆきがいた。

この場には己を含めた五人の柱がいる。

なんたる奇跡。なんたる幸運。長い間、鬼殺隊の歴史は続けど上弦の鬼一体に対して柱五人で戦った記録は、俺が知る限りでは無いに等しい。

(鬼殺隊に多大なる損害なく、上弦に勝てるかもしれない…!)

今まで柱達が上弦相手に、死亡もしくは戦線復帰不可能の大怪我を負わされてきたのは、単に我々の実力が足りないからではない。上弦との戦いでは柱と鬼の一騎討ちになってしまう場合が多いからだ。

勿論、柱以外の隊士が参加する時もある。だが、柱と一般隊士では実力差が大きい。言い方は悪いが、足手纏いになるため、余程の事態ではない限り一般隊士が参戦することはまずないのだ。それどころか柱直々に「帰還しろ!」と言われる時の方が多かった。結果、最後には柱が一人で上弦の相手をすることになるのである。

――――鬼殺隊の隊士は皆、人間だ。

人は脆い。長期戦となればその脆さが顕著になる。例え上弦と同等の実力を持とうとも、傷の再生がなく、疲労もなくならない人間は圧倒的に不利だ。故に、上弦との一対一の戦いで、柱達は上弦に与えた傷と同等の大怪我を負い、殆どの場合、死に至るのである。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析