ハーメルン
氷柱は人生の選択肢が見える
其ノ十三: 「柱の力」

炎柱・煉獄杏寿郎はピリピリとした空気の中、スゥと大きく息を吸った。

「甘露寺! 胡蝶! 行くぞッ!」
「はい! 煉獄さん!」
「ええ」

己の隣に立っていた恋柱・甘露寺蜜璃と、少し後方にいた蟲柱・胡蝶しのぶに声をかける。次の瞬間、三人はほぼ同時に地面を蹴った。向かう先はただ一つ。上弦の参・猗窩座だ。

現在の我々三人の立ち位置としては、煉獄と甘露寺が先頭を、そのやや後ろを胡蝶が走っている。この陣形は以前の柱同士の模擬戦にて煉獄・甘露寺・胡蝶の三人で編み出したものだ。模擬戦と同じ感覚で、駆け出した勢いを殺さずに甘露寺と呼吸を合わせる。

次の瞬間、炎を発するような勢いで俺は猗窩座へと突撃した。同時に、甘露寺はしなる刃を巧みに操り、刀を振るう。凄まじい破壊力を持った剣撃が猗窩座へ二方向から叩き込まれた。

「炎の呼吸・壱ノ型『不知火』!」
「恋の呼吸・壱ノ型『初恋のわななき』!」

お互いの技を活かすような烈しい打撃が繰り出される。二つの赤と桃色の残像が宙に描かれた。

煉獄は一直線に猗窩座の頸を狙い、甘露寺は頸以外の四肢を切り落とす。恋柱による強烈な一太刀により、上弦の身体中に幾つもの斬撃が走った。次の瞬間、猗窩座の両腕と両足がずるりと正常な身体の位置からズレるも――――上弦の鬼は倒れなかった。当たり前だろう。これで猗窩座を殺せたならば、今まで上弦と対面した柱達が死亡するわけがない。先程の甘露寺の攻撃は通ったが、頸を落とさんと振るった煉獄の斬撃は肩辺りを抉っただけで終わってしまったのだ。

(避けられたか!)

猗窩座はその身に大火傷を負い、甘露寺からの攻撃を受けながらも動いてみせた。伊達に上弦の鬼ではない、といったところか。何もかもが規格外だ。

(初手で頸を切りたかったが、やはり無理か! だが、それでも甘露寺は猗窩座の四肢を切り取ってくれた!)

甘露寺は本当に素晴らしい剣士だ。女体特有の柔らかさを活用した彼女の剣戟は、相変わらず恐ろしい程に強力である。その上、以前に見た時よりも威力が増しているように感じられた。
また、甘露寺蜜璃という剣客はこちらが動いた瞬間、瞬時に俺が何の型を出すか理解して行動に移してくれるため、共に戦いやすい。このような芸当が煉獄杏寿郎に対して出来る柱は甘露寺くらいだろう。

――――恋柱・甘露寺蜜璃は炎柱・煉獄杏寿郎の元継子だ。

現在、甘露寺は彼女自身が独自に編み出した恋の呼吸を使用している。だが、彼女が最初に学んでいたのは炎の呼吸だ。その炎から派生させたのが『恋の呼吸』なのである。
つまり、甘露寺は炎の呼吸の特性や技について、煉獄の次に柱の中では理解が深いのだ。加えて、煉獄の元継子という経歴から、彼女は己の師・煉獄杏寿郎の戦闘時の癖をほぼ把握していた。煉獄もまた、甘露寺を指導したことにより、彼女の戦い方を誰よりも知っている自負がある。

俺が言うのもなんだが、炎柱・煉獄杏寿郎と恋柱・甘露寺蜜璃の二人は柱の中でも連携に秀でている組の一つだ。

だからこそ、俺達二人で上弦の参へ真っ先に切り込むことに決めた。敵の力量と周りの状況を把握した上で、「お互いの技を活かすような攻撃はどれか」と瞬時に判断ができる二人組は少ないからだ。加えて、その判断をした瞬間、寸分の狂いなく、ほぼ同時に高威力の技を繰り出すことが可能なのは、この場では師弟関係であった炎柱と恋柱のみである。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析