ハーメルン
氷柱は人生の選択肢が見える
其の五: 「風柱は認めない」

俺、不死川実弥には嫌いな人間がいる。
――――氷柱の地位に就く女だ。

氷柱は現在、俺の隣でほけほけと笑いながら三色団子を頬張っていた。左目に大きな傷跡があるそいつは、その目を細めながら食事を楽しんでいる。対して、女の横にいる俺は貧乏ゆすりをしていた。小さな咀嚼音が横から聞こえてくるだけで舌打ちを零したくなる。俺のイラつき具合を見た氷柱の阿婆擦れ女はボケたことを抜かし始めた。

「不死川も団子を食べたかったですか? いや、この場合はおはぎの方がよかったでしょうか。貴方の好物と聞きましたし」
「いらねぇ」

この女、俺の好物をどこで把握しやがった。これだからこいつは嫌いなんだ。いつの間にか様々な情報をどこからか仕入れ、俺が一番嫌がる場面でサラリとその情報を暴露する。タチが悪いどころの話じゃねえ。性格がねじ曲がってやがる。

(この女とまた任務かよ)

デカいため息を吐く。左目傷女とは呼吸の相性もあり、共に任務に就く回数が他よりも多めだ。先程あった柱合会議の前にもこの女との合同任務だったくらいである。奴との任務の頻度は推して図るべし、だ。

(ああ、お館様。何故こいつと俺が組まねばならないのですか。左目傷女と組ませるのは冨岡もしくは他の柱で良いでしょう)

心の中でお館様に語りかけるも、彼は笑うばかりで何も言ってくれなかった。想像ではなく本当のお館様なら何か良い提案をしてくれたのだろうが、自分の頭ではこれが限界のようである。その事実に気が付き、再びため息を吐く。

何故、ここまで俺は氷柱が嫌いなのか?
理由は二つある。

一つは女の性格だ。

奴の性格を語るにあたって外せないのが『頭脳』である。あの女は知略のみで柱に上り詰めた実績があるように、頭脳だけは一級品だ。鬼殺隊に所属する隊士全員の名前と顔、並びに使用する呼吸や一人一人に至る癖まで完璧に記憶。それだけには飽きたらず、膨大な量の本を読み込み、ありとあらゆる知識を所持している。奴の頭脳は『歩く図書館』と言っても過言ではない。

氷柱の頭は鬼殺隊になくてはならないものである――腹立たしいが、その点に関しては認めざるを得ないだろう。

(その分、剣士としての腕は中堅程度しかねえが)

あの女は柱になったというのに剣の才能がてんでなかった。剣客としてなら二流、三流がいいところだろう。炎柱の煉獄や風柱の俺が氷柱と会うたびに訓練をつけてやっているというのに中々成長が見られないのだ。恐らく、あいつの才はアレが限界。天井が既に見えてしまっている。今後、もしも成長が見られるとしても『攻撃を避ける技術が多少向上した』程度しかないに違いない。

だからこそ、あの女が氷柱になったのは驚くべきことだった。

基本的に鬼殺隊は絶対実力主義だ。謂わば剣の腕が隊での地位の高さといっていい。それなのにも関わらず、剣の才がないものが柱になった――特例もいいところだ。この話をすると大概が「蟲柱の胡蝶しのぶも鬼の首を切れない代わりに奴らを殺せる毒を開発し、それが評価されて柱になれたではないか」というのだが、胡蝶は違う。蟲柱・胡蝶しのぶは腕力こそないが、剣の腕は確かだ。

つまり、これらが意味するのは剣の腕を差し引いても左目傷女の頭脳が重要だということである。

(そこまでならまだ良かったんだがな)

――――あの女は、あの氷柱の地位を戴く女は、人でなしだった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析