ハーメルン
氷柱は人生の選択肢が見える
其の七: 「鬼を連れた兄は拳を握る」


(不思議な匂いがする人だなあ)

俺、竈門炭治郎は隣に座る『女性』を見ながら心の中で小さく呟く。自分と一緒に縁側に腰掛けるその人は、一度見たら忘れられないような珍しい色彩をしていた。真っ白な髪に青緑色の左目と黒色の右目。善逸の髪色の派手さを彷彿させるような奇抜な色彩である。

そんな彼女の名前は『明道(あけみち)ゆき』。
この鬼殺隊の中でも最上の位を戴いている『柱』だ。
自分の兄弟子、冨岡義勇と同じ地位に就く人間である。

(こう言っては失礼だけど、全然強そうじゃない。明道先生からは強者の匂いがしない)

俺が禰豆子と共に裁かれた柱合裁判へ出席していた柱達は皆、強者の匂いがした。きっとあの場にいた人達は冨岡さんと同じくらい強いのだろう。 それなのに、この氷柱の位を戴く『明道ゆき』からは「普通の人」の匂いしかしない。いくら嗅いでも強い人間の匂いがしなかったのだ。研修を受けるために改めて彼女と対面した時も、その匂いは変わらなかった。

(どうやって明道先生は柱になったんだろう)

基本的に鬼殺隊は実力主義だと聞いた。理由は恐らく、強い剣客でなければ上位の鬼に勝てないからだろう。どれだけ他の才があろうとも、剣の腕がなくては生き残れない。結果、鬼殺隊は自動的に実力主義社会になっていったに違いない。しかし、その弱肉強食の鬼殺隊にありながら、『明道ゆき』からは強者の匂いはしなかった。これは何故なのだろう。冨岡さんくらいの強さがなければ柱にはなれないんじゃないのか。

(鬼殺隊当主のお館様が「氷柱は知に優れた柱」と言っていた。明道先生は賢いから柱になれたのか)

でも、「賢い」くらいで実力主義の鬼殺隊の柱になれるだろうか。不思議に思ったが、考えても分からないことは仕方がない。俺は一旦、その思考を止め、明道ゆき先生の授業を真面目に受けることにした。

まず、そこで驚いたのが、研修先の先生の屋敷である。氷柱邸は普通の屋敷とは違い、『家』というよりも『学校』に近い造りだったのだ。一緒に研修を受けることになった善逸と伊之助も学校のような明道先生の氷柱邸に驚いていたっけ。その際、善逸が「何でこんな造りにしているんだ」と疑問を口にしていたが、その理由は直ぐに分かった。

氷柱・明道ゆきは『鬼狩りを育てる学校』の運営者だったのである。

氷柱邸には十五歳以下の子供が約十名ほどいた。彼らは鬼狩りになるためにこの屋敷で修行を積んでいるのだという。その子供達の教師を務めるのが柱の明道ゆき先生だったのだ。しかし、教師は彼女だけでなく、引退した様々な隊士達も入れ替わりで勤めているとのことである。加えて、時々他の柱や現役の隊士達も氷柱邸に立ち寄り、教鞭をとっていると聞いた。

(授業では沢山の隊士達の多種多様な呼吸を見れて、すごく勉強になった)

それ以外には鬼殺隊隊士としての心構えや軍警から捕まりそうになった時の対処など、鬼狩りとして生きていくための一般常識を教えてもらえた。また、その他にも役に立つ知識について伝授され、聴いていて楽しかったなあ。更に、氷柱邸内には図書館並みに本が沢山あり、学び舎としては最高の場所だったのである。伊之助は「こんな話を聞いて何になるんだ! 鬼を切る為には鍛錬した方がいいだろうが!」と憤っていたけれど。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析