ハーメルン
見つけられなかった私の戦車道
プロローグ

【西住まほ視点】

「大洗女子学園フラッグ車走行不能! よって黒森峰女学園の勝利!」

 勝った。

 私たちが、黒森峰が勝ったんだ。

 黒森峰の隊長として、去年の雪辱を晴らすことができた。

 西住流の後継者として、王者の戦いを見せることができた。

 一戦車乗りとして、高校最後の大会で優勝できた。

 これほど嬉しいことはない。

 ――はずなのに。

 本来なら喜ぶべきところのはずだ。嬉しいという感情しか湧いてこないはずだ。

 なのに何故だろう?

 何故こうも心躍らないのか。

 ……いや、本当はわかっているんだ。

 その原因は。

 目の前で虚ろな瞳で白旗を見つめ続ける妹の姿にあった。


          *


「みほ」

 試合が終わり、撤収しようとしている大洗の面々、その中から私は目当ての人物の姿を見つけ出して声をかける。
 しかしみほに近づく私の前に立ち塞がる複数の影があった。どれも見覚えがある顔だ。たしか以前戦車喫茶でみほと一緒にいた娘たちだ。
 彼女たちは私の前に、まるでみほを守るように立ち塞がった。
 随分と嫌われたものだ。まあ以前の戦車喫茶でのやり取りを考えれば仕方ないが。
 みほはそんな彼女たちを手で制すと私に向かって歩み出た。心配げに見つめる仲間たちに大丈夫というように微笑んでから私に顔を向ける。
 その笑みにも力がない。試合に負けたばかりなのだから仕方がないが、どうにもその表情に私は違和感を覚えた。

「優勝おめでとう、お姉ちゃん」

 祝福の言葉とともに差し伸べられた手を、私は一瞬躊躇いながらも握り返した。

「完敗だね。やっぱり黒森峰は強かったよ」
「いや、ここまで追い詰められるとは思わなかった。戦車道を始めて数カ月でこれほどのチームを作り上げるとは大したものだ。もっと経験を積めば来年には優勝も夢じゃないぞ」

 来年。その言葉を聞いてみほも、周りの隊員たちも目に見えて意気消沈していた。その様子に先ほどの違和感が更に大きくなる。
 負けて悔しがるというのなら理解はできる、というよりも当然の反応とは思う。だがどうにもみほたちの反応はそういったものとは違う気がしてならなかった。
 そもそもみほが試合に負けただけでこんなに落ち込んでいるのを見たことがなかった。いくら優勝まであと一歩だったからといってこんなに落ち込むものだろうか。どうにも腑に落ちなかった。

「来年だと?」

 そんな中で声を上げる者がいた。声のした方を向くと、モノクルを掛けた少女がこちらを睨みつけていた。

「ふざけるな! 来年なんてない! この大会で優勝できなければ我が校はなくなるんだぞ!!」

 学校がなくなる。突然の宣告に理解が追い付かなかった。

「あと一歩だった! あともう少しで勝てたのに! 優勝すれば、大洗は廃校にならずに済んだのに! 何で! なん、で……!」

 それ以上は言葉にならず、目の前の少女はそのままその場で泣き崩れた。

 大洗女子学園が廃校になると目の前の少女は言った。それは優勝できなかったからで、私がみほに勝ってしまったからで。

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析