ハーメルン
見つけられなかった私の戦車道
ミカが奏でる旋律

【アキ視点】

「あっつ~……」

 照り付ける日差しの中を歩きながら、私は額から流れる汗を拭った。
 熊本の夏は暑い、というか本土の夏はどこも暑い。大学入学を期に本土に移り住んでもう3年目になるけど未だに慣れない。
 こういう時は継続高校の学園艦が恋しくなる。フィンランドがモチーフになっているからかは分からないけど、継続高校の夏は過ごしやすかった。夏を迎えるたびにあの頃に戻りたいなんて思ってしまう。
 もっとも冬は冬で本土の方が過ごしやすいからこっちの方がいいなとか思ってしまうんだから、人間って勝手だよね。あ、でもサウナは気持ちよかったからまた久しぶりに入りたいな。

「お~い、アキ~!」

 そんなことを考えながら歩いていると、いつの間にか待ち合わせ場所に着いていたらしい。私の名前を呼びながら手を振るミッコの姿を認めて、私は手を振り返した。

「ミッコ! 久しぶり!」
「アキ、髪伸ばしたんだ。似合ってるじゃん!」
「えへへ、ありがとう! ミッコも髪型変えたんだね、格好いいよ!」

 ミッコは高校を卒業後ミカと同じ大学に入って操縦士として活躍していた。
 私は二人とは違う大学に進学したから会うのは久しぶりで、懐かしさから自然と会話も弾んだ。

「そういえばミッコ、大学選抜に選ばれたんだって? おめでとう!」
「ありがと! まあ、って言っても私はミカのおまけみたいなもんだけどね」
「そんなことないって。これなら卒業後はプロも夢じゃないよ」
「う~ん、どうかな~? 戦車の操縦は楽しいけど、私の腕でプロになんてなれるかね~?」
「なれるよ、ミッコならきっと」

 戦車道は3年前にプロリーグが開幕した。

 4年前の全国大会の後のごたごたがあって一時はプロリーグ設立を危ぶむ声もあったみたいだけど、島田流家元(・・・・・)がプロリーグ設置委員会の委員長として各所に働きかけて、何とか予定通りに事は進んだらしい。

 そして現在、世間では4年前のことなんて完全に忘れ去られてしまった。

 あの戦車道の全国大会の決勝戦のことも。

 大洗女子学園が廃校になったことも。

 そして。

 西住みほさんが亡くなったことも。

 あの試合は私たちも試合会場で観戦していた。
 当時大洗女子学園は戦車道では無名にもかかわらず、強豪を次々破って決勝戦にまで駒を進めたということで話題になっていて、私はどうしても実際に会場に行って試合が観たかった。
 私が会場まで観戦に行こうと提案するとミッコもミカも二つ返事で了承した。
 ミッコだけでなく、あのミカも、だ。
 てっきりミカはあれこれと屁理屈をこねて断るだろうと思っていて、どう説得しようかとあれこれ考えていたから拍子抜けした。
 何にせよ反対意見は出なかったので、私たちは3人で試合会場の東富士演習場に向かった。

 そして試合は決勝戦に相応しい盛り上がりを見せた。
 大洗は圧倒的な戦力差をものともせずに黒森峰相手に堂々と立ち向かってみせた。それだけでも観ていて面白くて興奮したけど、みほさんが川に取り残された仲間を助けた時には更に胸が熱くなった。私だけじゃない、観戦していた人たちは皆同じ気持ちだったと思う。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析