ハーメルン
喩え、この身が業火に焼かれても
少女の日記 No.1

『○月◎日

取り敢えず、今日の日記は今後どう情報収集するかを書いておこうと思う。
先ず始めに一番早いインターネットは基本的に使えないと考えておくこと。理由としては、私の年の子供がネットを使っているかまだ判断できないからだ。そもそもPCのパスワードを知らないし、仮にもし使えたとして、何処でそんな話を聞いてきたのか誤魔化せる自信がない。無断で使うのは論外だ。履歴を消し忘れることはないだろうけど、もし万が一復元されたりしてバレたら元も子もない。
今のところ思い付いたのは、地道に聞き込みをしてみること。この年の子供はお喋りなはずだし、色んな話を聞きたがる筈。子供が知りたがるであろうことを聞きつつ、本当に聞きたいことを混ぜるようにすれば違和感はない……はず。
あとは、友達に何か面白い話がないか聞いてみることだった。この年の頃の子供は神話や都市伝説に興味津々な筈だし、友達とも仲良くなれるし、割りと良い手段だと思う。幸いなことに、私はこれから小学生だ。入学式なんかで友達も作れるだろうし。
ただ、少し心配なのは純粋な子供の中に大人の記憶がある私が溶け込めるか、ということ。仮にも前世では20過ぎのいい大人だったし、つい年下への対応をしてしまわないだろうか。いっそのこと、クラスの一人はいる大人っぽい子のポジションを狙ってみるか?』



『○月◇日

早速周りの大人への聞き込みを開始した。今のところ目立った情報はない。大体が大人が子供に聞かせるような話ばかりだった。
今日は母さんに連れられて公園に行ってきた。いつも遊んでいる友達が子供に見えてしまって仕方がない……同い年なのに……なんなら自分も子供なのに……。それとやはりこの年頃の子供は元気だった。鬼ごっこやかくれんぼなんて久しぶりにやったから凄い楽しかった。結局三時くらいまで遊んだけど、まだ体力が有り余っている。子供ってすげえ。』



『○月■日

特に目立った情報なし。
そういえば、もしこの世界がバトル系の世界だったとするならば、逃げ足だけでも鍛えておいた方がいいんじゃないだろうか。そうすれば、例え何かの拍子に巻き込まれても生き残れる確率が高くなる気がする。』



『○月★日

目立った情報なし。
取り敢えず足の脚力は伸ばすことにした。今世の足の速さは普通ぐらいだし、まだ伸び代があると思う。
鍛える方法だが、友達と公園で遊ぶときに、鬼ごっこなんかには積極的に参加していくようにする。そうすれば、大人からすればただ遊んでいるように見えるだろうし、走るのが好きな子なんだなで済む。それに公園の山になっている部分とか色んな所を走るから、下手な筋トレより体力が付くと思う。
あとは腕の筋肉増加に向けて鉄棒とかうんていとかで遊ぶようにしておいた方がいいのか? 前世ではいつの間にかぶら下がれなくなってたし……』



―――――――――――――――――



『◇月◯日

情報なし。
前世を思い出して一ヶ月が過ぎた。子供のフリをするのにも大分慣れてきたと思う。それにしても情報が集まらない。そろそろ行動範囲を広げてみるべきだろうか。』



『◇月☆日

ちょっとそれらしいものを聞いたので昼だけど記録。近所で仲の良くなったお婆ちゃんにお茶に呼ばれて行ってきたら、こんな話を聞いた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析