ハーメルン
喩え、この身が業火に焼かれても
少女の日記 No.3

『×※月■日

何故、何でこのタイミングで生まれてきてしまったのか。やっと前を向こうとした所だったのに。漸く死ぬ覚悟が決まった所だったのに。漸く、Friskも世界も憎まずに生きていこうとした所だったのに。
これからずっと一つの屋根の下で生活していくのに、このままではFriskに手を上げて殺してしまいそうだ。本当に、弱い自分が嫌になる。』



―――――――――――――



『×※月〒日

母さんが帰って来た。Friskを、連れて。
この一週間、何とかFriskを嫌いにならないように、憎まないように、殺さないようにと自分の気持ちとFriskへの想いを割り切ろうとしてきた。でも、まだ駄目だ。ベビーベッドの上で何も知らずに無邪気に笑うFriskを可愛いと思う半面、今ここであの柔かい首を絞め殺してしまえば私の未来は、という考えが頭を過ってしまう。本当に私は弱い人間だ。どうしたらいいのだろう。』



―――――――――――――



『∀月○日

今日はFriskが生まれて、一ヶ月程になる。父さんや母さんはFriskに掛かりきりだ。生活もFrisk中心になってきた。まぁ、別にそこに不満はない。Friskはまだ首も座っていないし、仕方ない。それより私が怖いのは、これから先有り得るかもしれないシチュエーションだ。父さんも母さんも出掛けてしまって、Friskと二人きりにされることだ。母さんの手伝いでおむつの替え方やミルクの作り方なんかは覚えたけど(お風呂は除く)、その時にFriskに手を上げたりしてしまいそうだからだ。
今までは母さんと父さんの目があったから何とか手を出さずにいられたようなものだ。だから、二人きりになりでもしたら……私は、人として最低な事をしてしまうかもしれない。
どうしたらいいのだろう。いっそFriskが主人公とは同名の別人であると考えれば少しは楽になるだろうか。』



『∀月☆日

Friskに人差し指を握られた。私の指よりも小さい手に、驚いた。髪の毛も少し増えてきた気がする。少しずつ、着実に大きくなってきている。』



―――――――――――――



『∀月#日

Friskが私に良く笑いかけてくれるような気がする。赤子のこの時期の笑顔は意図的に出るものじゃないはず。きっと、私の気の所為だろう。』



―――――――――――――




『@月≦日

今日でFriskが生まれて二ヶ月程になるだろうか。学校から帰って来てFriskを構っていてふと思った。いつかは、今は言葉ですらない音を吐く口で、私の名前を呼ぶのだろうかと。何だか想像ができない。今目の前に居る赤子が、いつか同じ言葉を話すようになるなんて。
そしていつか、世界を滅ぼす選択をするかもしれないなんて。
何て事を考えてるんだ。駄目だ、考えるな。


Friskを、恨むな。』



―――――――――――――



『α月♪日

Friskが生まれて三ヶ月半ぐらいだろう。標準より遅かったから不安だったがちゃんと首も座り、安定してきた。
最近は時間があればFriskの傍にいるようにしている。今のうちに二人きりになっても大丈夫なように慣れておこうと考えた結果だ。今は絵本の読み聞かせをしてみたりしている。たまに笑ってくれるのが、反応を返してくれているみたいでつい嬉しくなる。』

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析