ハーメルン
麦わらの男は旅をする
十五旅



 謎の組織のエージェントであるMr.9とミス・ウェンズデーの懇願(裏がある事は承知の上で)によってルフィ一行は彼らが拠点としているらしい町、ウイスキーピークに向かって双子岬を出港した。

 それはグランドラインを通る事を意味し……。

「入るだけでも大変なのに、入った後も中々、過酷だな」

 グランドラインにおいては東西南北、四つの海と違って季節も天候もでたらめに巡っており、環境は常に激変する。

 晴天であったのに雪が降り、雷は鳴り響き、そうかと思えば春の暖かさあふれる環境に変わる、何もかもが常識外で対応するのが大変だ。



「そうね。ちょっとでも、ログポースから目を離せば進路が変わるんだもん。私の航海術が通用しないなんてショックだわ」

 ナミが言うように常にログポースによる導きを確認せねば目的地への進路を外れてしまう。だからこそ、ルフィ達はナミのナビゲートに従いつつ、常に最適な作業を行っていた。

「ふふ、これこそがグランドラインの洗礼だ」

「風も空も波も雲も何一つ、信用できない。信用できるのはログポースだけ?旅をするだけでも厳しいわよ」



 忙しなく働くルフィ達へ、Mr.9とミス・ウェンズデーは不敵に笑った。彼と彼女の船は小型船であるため、ウイスキーピークへの案内を兼ねて船はメリー号の横に巻き付けるようにして固定している。そのため、メリー号に乗っていたのだ。

「そこっ!! 止まってないで動けっ!!」

「こっちは別にお前たちを放り出しても良いんだからな」

『あ、はい……』

 ナミとルフィからの言葉に止めていた作業を再開した。



「これはこれで、退屈しないな」

「お前、それは皮肉か?」

「皮肉が言えるだけの知恵はあったんだな」

 ゾロが苦笑を浮かべて呟いた言葉にウソップとサンジが驚いた顔で意見を述べる。

「お前ら、斬り落とすぞ……」

「あんた達、やるなら状況がおちついてからにしな」

「というか、船の上でやるな」

『すんません』

 騒がしい三人に向かってアルビダとルフィが咎めると頭を下げる。

 常に右往左往しながらグランドラインからの洗礼に立ち向かう、ルフィ一行は……。




『ようやく、終わった』

 無事、厳しい状況を乗り越えた事で安堵の息を吐いた。現在、船は穏やかな天候にて穏やかな波に揺られつつ、進んでいる。

「ほら、皆。疲れの取れるスイーツだ」

 サンジが甘い焼き菓子にコーヒーやお茶などをセットで持ってきた。




「これは中々だな」

「ええ、本当に美味しいわ」

 焼き菓子の美味しさにMr.9とミス・ウェンズデーも素直な感想を言った。




「ありがとうございます。ミス・ウェンズデー」

 サンジはミス・ウェンズデーの感想にだけ礼儀正しい態度で礼を述べた。

「さて、このまま行けばウイスキーピークに辿り着くけど……」


 ナミがログポースの示す方角を確認しつつ、進むと巨大なサボテンが幾つも並ぶ島が見えた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析