ハーメルン
時を操る狐面の少女が鬼殺隊で柱を超えたそうですよ
2つの人生の分岐点


転生したと自覚したのは5歳の頃、崖から落ちてしまった時に体を強く打ち、死線をさまよったことがきっかけだった。

「僕のことは気まぐれの神とでも呼んでくれるといいよ!うん、そうだなぁ!ほんの少しだけ時間が操れる力をあげよう!」

神というよくわからない存在(姿だけぼんやり思い出せない)にそう言われ、何か話そうと自分はしていたようだけど声も出ず、白い光に包まれたと思ったら知らない天井の下で目を覚ましていた。

「私、時止められる?」

第一発声はそれだった(多分ずれてる)

医者が言うには私は1週間もの間熱と痛みにうなされ意識不明の状態だったらしく、目が覚めた時には定番の知らない天井で包帯巻きにされてた。

どうやら崖から落ちてしまった際、両親も一緒に巻き込まれていたらしい。
後に聞いた話で大きな山道で起こった土砂崩れだったそうだ。

生まれてから今までの記憶が名前以外思い出せないが当時目撃した人曰く、お父さんが巻き込まれる前に投げてくれて私だけ土砂に埋もれる事無く助かったらしい。

治療は無償という事で体はすっかりと癒すことができたが、周りの人達には「両親を亡くして記憶もなくしてしまった子」として可哀想な目で見られることが多かった。

それでも自分が転生する前は25歳だったこともあり、精神状態は思いのほか安定していた。

(とりあえず、生きていかなければいけない。けどその前に、恩を返さないと…)

そう思ってまずしたのは病院での手伝いを助けてくれた医者にお願いした。
今回の治療の分は働いて返しますと言うと、患者さんの洗濯物と皿洗いを請け負う事になった。

もちろん時を止める能力があるらしいことも分かったのでその特訓もしたが、何をどうすれば時を操れるのか分からないまま、ただ力むことしか出来ず5年が経って10歳となった私に人生の分岐点が訪れた。





----------



(買い物が長引いてしまったな、すっかり陽も落ちてしまって…先生に小言言われるなぁ)

病院で使う服や包帯などの仕入れなどを街の取引先と確認してきた帰りだったが、思いの外西洋のものが入ってきてるせいで色々勧められて話が長引いてしまったのだ。
まあ引き止められてそれ以外の話もしてしまっていたが、それはお得意様にしてもらっているしよしとしよう。

そうこうしているうちに正門を閉めている病院に裏口から入っていくと違和感に気づいた。


(……なにか、鉄?錆?臭いな…)

すこし広めの廊下を歩くとそんな重いような歪むような臭いが充満している気がしつつ、先生がまだ資料整理しているであろう医務室前にたどり着く。


「ただ今戻りました、先生」

そう扉前で声かけしてから戸を引くと視界が赤という赤に塗りつぶされた。

え?と声が出ると同時に部屋の真ん中で人と思われる物が臓物と思われるものをバラバラに撒き散らしながら死んでいるのを視認してしまう。

腰が抜けるというものをその時に初めて経験し、動けなくなった。
すると肩に手が置かれて振り返ると、顔中に血管が浮き出た人間とは思えない化け物が餌を見つけたとばかりに血だらけの口からよだれを垂らしながら屈んでいた。

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析