ハーメルン
時を操る狐面の少女が鬼殺隊で柱を超えたそうですよ
炎柱 煉獄槇寿郎



(一体、どういう仕組みなんだ。あれは)

目の前で稽古している大竹雫と水柱の手合わせを見て、炎柱 煉獄槇寿郎は疑問に思う。

水の呼吸と使う剣技は現水柱と見比べるとまだかすかに粗が見えるが、既に柱になるには充分な物を持っている。

そこは別にどうだっていい。あのお館様がなぜここまで大竹雫に期待しているのか、新たな階級を授けようとしているのか、その理由がその速さや技だけでは無いはずだと考察する。

たしかに瞬きも許さずに首に木刀をつけられた時、全身に鳥肌がたった。
柱になるまでに血反吐を吐くような鍛錬をし、それは今でも継続している。我が子と同じ歳頃の子であるはずだが、全く反応することすらできなかった。
周りで見ていた誠以外の柱達もその瞬間には驚愕していた。そしてこの技とやらはまだ未完成なのだと、大竹雫は言った。

「あれで未完成?なら、完成したらどんな技になるというのだ…」

誰にも聞かれない程に小さく呟く。あの技は恐ろしい。だが、どう考えても大竹雫が柱を超えるほどの存在なのかは疑問が残る。


(お館様、貴方は大竹雫の何を見て、何を感じて、そう思うのだ)



その疑問を解く欠片が分かった時は、雫が瞬柱になってから一年後のことだった。



ー----


冬。

少し風が吹けばそれに触れる肌は感覚が麻痺していくほどに冷え切った空気の中、煉獄槇寿郎は山中を走っていた。
自分の所から走って二刻もかからない所に上弦の鬼が出たと報告が入り、それに対処していたのは会議で決めた磯島と大竹雫だった。
約百年、一体も欠けずにいる上弦。その強さは合間見えた柱は全員死んでいるため計り知れない。現柱でもすでに二人やられた。

(あの二人なら大丈夫だ。もしかしたら到着する頃には片付いてるかもしれない)

そう考えつつ抑えきれない不安が槇寿郎の足を加速させた。


二つほど山を越えた所で森の一部が消し飛び、火の手が上がっているのを高台から確認してそちらへ急行する。

森を駆け抜けると、一気に視野が広くなる。そこには木々が生い茂っていたとは思えないほど、地面は抉れ、あまりに広い焼け野原になっている風景を見て一気に警戒心を強くする。

(二人はどこだ。まだ鬼の気配は残っているということは戦闘中のはずだ)

その時、右側の森から大きな龍のようなものが森を突き破って地形をかえながら出てきた。

「血鬼術!?」

すぐに抜刀し、そちらへと駆けようとした瞬間、体が急に重くなった。
あまりにも強力なその重圧は上弦の血鬼術かと思えるほど冷や汗が出るものだったが、視線の先を見て謎が解ける。

「…大竹?」

そこには頬に小さなかすり傷を負っているものの、ほぼ無傷な雫が立っていた。そして、この重圧の正体もなんなのかそこではっきりする。

(大竹…これはお前の殺気か?)

あまりにも濃く、重い。その殺気を放っている雫はまるで、人の形をした別のモノのように見えた。

雫を見て固まってるとまるで雷神のような姿をした鬼が生きてるように動く大木を操りながら森を破壊し出て来ていた。

「よもやよもやだ、狐の小娘。なぜ儂の血鬼術を躱しながら頸を斬れるのだ。聞きたいことは山ほどあるが、それよりもその殺気、本当に人の子か?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析