ハーメルン
時を操る狐面の少女が鬼殺隊で柱を超えたそうですよ
胡蝶しのぶは忘れない

- 胡蝶しのぶは決して忘れない -



「雫様ってば、完全に隙をついたその人の攻撃を振り向かずに掴んで放り投げたのよ?信じられない」


「あらあら、それは是非みてみたかったわ」


魁稽古を受け終わった私は、蝶屋敷に帰ると姉のカナエに早速雫様のことを話していた。
二週間に及ぶ稽古を受けたものは皆、例外なく初日の頃とは比べものにならないほど動きが洗練され、強くなっていた。
稽古2日目から雫様はまるで一対一の稽古をつけてくれていたのかと思うほど、一人一人に対して細かな指南をつけてくれたからだ。

現に錆兎という水の呼吸の剣士は最終日には雫様の刀を抜かすことができるほどに強くなり、どうやら現水柱への推薦を受けるらしかった。


「姉さんの言ってた意味、体に叩き込まれた気分よ」


「ふふ、強くなったでしょう?あの方は自分も他人も強くするコツを知っているもの」


「コツ?実戦形式でやってれば自然と強くなるものじゃないの?」


「雫様はね、相手の本気を引き出すギリギリの所で実力を操作してるの。
強すぎず、同等すぎず、弱すぎず、常に一段上の動きをしてくれる。
だから相手側からすると常に実力を引き出される状態になるし、雫様も強くなる。私の時だってそうだもの」

魁稽古の初日は圧倒的な実力を見せ、指すらかすらないほどの差で気づけば地面へと投げつけられていた。
だが一週間経った頃、こちらの刀がほんの僅か届かないところまで攻めることができるようになっていたのを思い出した。

(…あれも、雫様の稽古の一部だったってこと?)

あの偶然は自分の実力が伸びているものだと錯覚していた。現にその頃から皆の動きが飛躍的に良くなっていったのだ。


「…本当に凄い人ね、雫様ってば」


すべて計算されていた事を理解するともはや笑みが溢れる。
 

「ふふふ、久しぶりに私とも手合わせしましょっか。強くなったしのぶを見てみたいし」
 

「…望むところよ姉さん」 


それは上弦の弐と会うまで、2ヶ月前の事だった。


ーーーー



日が昇るまで半刻も過ぎた頃、空が青色を徐々に取り戻す中しのぶは町中を駆けていた。


(大丈夫!姉さんは強い!上弦の鬼だってきっと…!)


カナエと二手に分かれ担当地区であった町を警邏していると、カナエの鎹鴉が上弦との遭遇を伝えてきたのだ。
すると早朝の空気よりもはるかに冷たい空気が顔を撫でる。

その瞬間、それが血鬼術の一部だと理解した。

まだ距離があるにもかかわらずここまで名残が届くとなると、相当強力な血鬼術だということがわかる。

(……姉さんっ!)

鬼の気配が強くなっていく道へと飛び出した。
そこには地面や壁の所々が凍ってしまっている風景と、その中で上弦の鬼の帽子を切り飛ばすカナエの姿だった。

「おっとと!いやあ危ない、危うく頸を斬られるところだったよ。
君強いねぇ、最近の柱は強く感じるな」

「そうですか」

一旦距離を取りお互いに睨み合う中、カナエの近くへと走る。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析