ハーメルン
時を操る狐面の少女が鬼殺隊で柱を超えたそうですよ
雫の刻は動きだす【記憶の断片(序幕)】

色々な過去話(主人公主体)

最近少し落ち着きすぎかなと思ったので、構成を少しだけ変えました。

序幕ですので少し短めです。


起承転結
  ↑start
[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析