ハーメルン
時を操る狐面の少女が鬼殺隊で柱を超えたそうですよ
記憶の断片(壱)


遅くなってすみません…頭の中でキャラ達の会話が全く想像できなくて全然進んでないです…。

とりあえず一話なんとか書けたので載せます。
[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析