ハーメルン
時を操る狐面の少女が鬼殺隊で柱を超えたそうですよ
初任務



風呂に入り、服を着替えてから最終選別で会った異形の鬼について鱗滝さんに話すと少しだけ間をおいて聞こえたのは泣きそうで、でも安堵したような声で、そうかと一言だけ言った。

それから2週間ほど日が経った頃、ひょっとこお面をつけた人が訪ねて来た。

「初めまして、鉄穴森と申します。大竹雫さんの日輪刀を担当した刀鍛冶です」

「これはどうも、私が大竹雫です。どうぞ中へ」

中に入り鱗滝さんとも挨拶を交わした後、日輪刀の説明を受ける。
どうやら日輪刀は別名色変わりの刀と言われるらしく、その持ち主の特性に合った色になるんだそうだ。

「なら、水の呼吸を使っている私は鱗滝さんのような青になるんですか?」

「いえ、必ずその呼吸に合った色になるわけではなく、その人によって変わって来ます。とまぁ説明はさておき、これが私が打った日輪刀です」

そう言って箱から出した刀を受け取り、鞘から抜き、刀身を眺める。

「………!」

数秒置いてからゆっくりと柄の方から色が変わっていく。

「青…いや、紫か?」

「青紫…ですね」

「この色はどういう特性なのでしょう?」

「いや、詳しいことはわかりません。聞いたことすらありませんのでおそらく、雫さんが初めての例かと」

それじゃあ特性がわからないのか、そう思ったが紫に近い青色の刀身をみて深い綺麗な色と気に入った。

(青は水の性質だとしたら、紫は時止めの力の一部を?)

詳しいことは分からずじまいだったが、色変わりの刀の儀式は無事終わった。


その次の日、自分の鎹鴉が初任務を告げたのだった。


----------



初任務となったのは南西の町。
この1週間程に7人、鬼殺隊士も1人行方不明になっているというものだった。普通初めてなったばかりの人をすでに1人隊士がやられてるところに送るか?と疑問を抱きつつ出発した。

2日かけてに到着すると、町はすでに人の気配が少なく、どうやら外に極力出ないようにしているようだった。

町の真ん中はまだ賑わいが残っていたので近くの甘味処で情報収集することにした。

「すみません、羊羮とお茶をお願いします」

そう声をかけて席に座り、店内を見渡すと自分以外に1人しか客がいなかった。
混んでないのは助かるが、少なすぎるのもなと思いながら頼んだ物を持って来た店員さんに尋ねた。

「お尋ねしたいんですが、1週間ほど前にこの町で行方不明の方が出たと聞いたのですが、今はどのようになっておりますか?」

そう聞くとこの店の看板娘なのであろう綺麗に程よく整った顔立ちの店員さんは、小さな声で話し始めた。

「お客さん、この話はあまり大きな声で話さない方がいいよ」

「なぜです?」

周りを少し見渡したあと、深刻な顔で答えてくれた。

「行方知れずの人が昨日で10人になったからさ、結局家に隠れても出ても変わらないから、みんな恐ろしくなって町から出ようとしてる人が多いのさ」

なるほど、1日に1人の間隔で食べているのか。だとしたら今日の夜も出てくるはずだと情報の整理して、食べ物も食べる為にお面を外してありがとうございますと礼を言うと、少し呆けた顔になって「ど、どういたしまして」と顔を赤くして離れていった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析