ハーメルン
時を操る狐面の少女が鬼殺隊で柱を超えたそうですよ
報告



「大竹雫という子の実力を君の目で見極めてほしいんだ」


大竹雫。
その名を知ったのはお館様に呼び出され、その人物の見極めをお願いされた時だった。
お館様はいつもの優しい声でそう言ったが、初めて聞く名前であまり話しが見えて来ず、疑問が浮かぶ。


「…その隊士はそれほど重要な人物なのでしょうか?」

少しの間微笑むと詳細を話してくれた。

「彼女は今回の最終選別から少し目立っていたんだけど、初任務で下弦の陸を討ち取った、これまでにない逸材なんだ」

「……狐面の隊士が討ち取ったという話は聞いておりました。ですが、初任務で、となりますと…」

話は変わってくる。初任務で十二鬼月を討ち取る実力を持つとなれば、鬼殺隊にとってその隊士の重要度は極めて高いからだ。

「もしかしたらなにかのまぐれかもしれないと思ってね、ここ最近は単体での任務に当てたんだ。
僕の鴉も遠目で見てもらっていたんだけど、いつも報告には鬼の頸がいつの間にか斬られていて、下弦の陸の時も含めて未だに怪我もしてないみたいでね」

「それは……」

異常、その一言に尽きる話だった

どのような者でも鬼殺隊に入って最初の頃は多様な血鬼術に苦戦を強いられ、怪我は避けては通れない。
なんなら一年目は一番生き残る者が少ない。その事は鬼殺隊になったものは皆知っている。

「だから、風柱である君の目で確かめて欲しいんだ、彼女の本物の実力を」

ここまでの話を聞いて、疑問に思うことはなくなった。


「必ずやその者の実力、この風柱大谷誠が確かめてまいります」





----





その者と会うことになる町へと四日かけてつくと、甘味処で座っている水色の雫模様の羽織を付けた狐面の少女が見え、話しかけることにした。

素性は隠し、階級は下であることにしていい先輩を演じた。しかし特別強者の気配は無く、いたって普通の11の少女という雰囲気を持った雫に少し戸惑いつつも、影で見極めるため、いない鬼の話をして二手に分かれるよう話を進めた。

夜になり、雫が町中の広場を歩いているのを建物の上から観察していると地面に急に現れた黒い丸が彼女の背後へと近づいているのが見えた。

極力気配を消した黒い丸は血鬼術であると気づき、まずいと思わず飛び出そうとした瞬間、()()()()()()()()()()()()()()()()()

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析