ハーメルン
時を操る狐面の少女が鬼殺隊で柱を超えたそうですよ
産屋敷輝哉の企み

※風の呼吸が出ます。
ジャンプ読んでなくてまだ知らない、ネタバレは嫌という方はUターン推奨します


誤字報告してくれた方、ありがとうございます。勢いでパパート書いたのといつもウトウトしながら手直ししてるので全く気づかないところばかりで恥ずかしかったです。ドブがあったら頭から突っ込みたいです。



今回は主人公ボコボコ回(そろそろ雫怪我しろよっていう作者の我儘)


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析