ハーメルン
時を操る狐面の少女が鬼殺隊で柱を超えたそうですよ
瞬柱



誠は木刀を渡してもなお心が揺らいでいる様子の雫を見て少し申し訳なく思う。

急に仲良くなったばかりの先輩が柱ってだけでも驚くのに、更に手合わせとまで来た。それは誰でも驚くだろう。


(だけど、君には実力を証明してもらわなければならない。柱を越える可能性を)


そう心で呟くと同時に息を吸って地面を蹴る。


《風の呼吸 壱ノ型 塵旋風・削ぎ》


周りの物を削ぎながら加速する。
頭の中で何度やっても負けてしまう雫に様子見も兼ねてほんの少し余力を残した状態の得意技で挑んだ。

しかし

「…!!」

雫は目の前から消えずに水の呼吸を放ってきた。そのことに少しだけ驚く。

《全集中水の呼吸 漆ノ型 雫波紋突き》

以前水柱との手合わせで受けたことのある技を放ってくることに驚きつつも水の呼吸の最速の突きをそのまま木刀の刃で受ける。

すると目に見える様子で驚きを見せる雫に思わず檄を飛ばした。

「なにを驚いているのですか!僕は柱ですよ!」

その檄で怯んだのか一瞬固まって生まれた横腹の隙に木刀を横に一閃する。

ミシッと言う手応えと共に苦しそうな声を上げて吹き飛んだ雫は受け身を取りこちらを見る。

(遅い!)

すぐに接近し、構うことなく技を繰り出した。

《風の呼吸 陸ノ型 黒風烟嵐》

下から切り上るこの技は顎にかすりでもすれば意識を飛ばすのに十分すぎる威力を持っている。
その攻撃を雫は間一髪首を避けて躱すが、またも隙だらけになっていた腹へ蹴りを入れた。

腹を痛そうにしつつも構えを保つ雫にさらに詰め寄り、連撃を食らわす

《水の呼吸 玖ノ型 水流飛沫》

また水の呼吸、水の様に流れるこの歩法は当てづらいのはたしかだ。だが水柱との一度手合わせをした自分にはまだ刀を当てれる速さだった。

《風の呼吸 弐ノ型 爪々・科戸風》

更に細かく鋭い剣撃を数回身に受けた雫は距離をとって片膝をつき、肩で息をしていた。


(……この子は何故、あの技を使わない?あの技があれば瞬きもせずに勝てるだろうに。それとも出す事すらもったいない相手だとでも思われてるのだろうか?)

そう考えれば考えるほどはらわたが煮えくり返り、気がつけば叫んでいた。

なにを叫んだのか、正直言ってあまり覚えていない。
微かに記憶にあるのは落ち着き始めた最後、このままでは君を軽蔑してしまうと雫に伝えたことだけだった。


雫を見ると何かを考えている。

(これでも実力を見せなかったら、僕は本当に君を軽蔑してしまう)

そう思っていると雫と目があった気がした。

すると先ほどの驚いて悩んだような雰囲気が消えているのがわかった。


「…………大谷さんの言う通りです。私は今の今まで実力をどう隠そうか考えていた腰抜けです。それはその技に無駄な自尊心を持っていたから、まだまだ未完成のこの技を他人に見せたくないと勝手に考え、その我儘を大谷さんに押し付けてしまっていた。ご迷惑をかけてしまって申し訳ありませんでした。

……もう、大丈夫です」


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析