ハーメルン
jail


 最初はやはり、お互いを確かめるように抱きしめ合った。
 華奢な体。ジータと同じようにお風呂には入れてもらえていないのか、汗の嫌な匂いがしたが、それでもルリアの香りに胸が熱くなる。
 ずっとそうしていたいのを我慢して体を離す。ルリアはやはり疲れた顔で俯いていた。
「ひどいことをされたの?」
 もはや自分のことなど忘れて尋ねる。
 ルリアは首を横に振った。
「そんなことないよ」
 嘘だ。
 ルリアが食事を自分たちの前に並べる。パンとシチュー。今日のシチューには、珍しく肉がごろごろと入っていた。
 片方には入っておらず、ルリアは肉の入っている方をジータに差し出す。
「そっちの方が豪華だから、ルリアがそっちを食べて」
 ジータが提案するも、ルリアは無言で首を振る。
「じゃあ、二人で分けよう」
 やはり首を振る。
「食欲の問題じゃないから……」
 ぽつりと呟いて、ルリアは自分の分のパンをシチューに浸した。
 ジータは首を傾げる。ルリアは好き嫌いなくなんでも食べる。食欲の問題ではないのなら、なおさらルリアに栄養をつけてほしい。
 よほどまずいのだろうかと思い、ジータはその肉を口に入れた。食べたことのない味だが、柔らかくてまずくはない。
 その様子を、ルリアが青ざめた顔でじっと見つめている。
「ルリア、どうしたの? どんなに辛いことでも、隠し事はなしにしよう。もうここには、私とルリアしかいないんだから」
 優しく声をかけると、ルリアは目に涙を浮かべ、俯いて大きく首を横に振った。涙の滴が零れ落ちる。
「痛いことをされて。それだけ。前はそんなことなかったのに。それだけ」
「ルリア……」
「全然大丈夫じゃないけど、どうしたらいいかわかんない。ジータもそうでしょ? せめてジータと同じ部屋にしてって頼んだけど、それはダメだって。こうして1日に1回だけでも会わせてくれることに感謝しなくちゃって、そう思って」
 それだけ言って、ルリアは泣き出した。ジータもつられて泣いた。
 孤独の絶望に加えて、ルリアは痛い思いもしていると言う。外傷はないようだが、自分の背中の傷だって一瞬で治した連中のことだ。今の状態など、何の慰めにもならない。
「ジータがいることだけが私の希望なの。ジータもそうでしょ?」
 すがりつくようにルリア。ジータは真剣な目で頷いた。
「うん」
 ルリアの顔に安堵の色が広がる。
 食事を平らげる。改めてシチューを勧めてみたが、ルリアはやはり断った。
「結構美味しいよ? 食事だけは悪くないって思う」
「そう……」
 ルリアは曖昧に笑った。
 食べている時間がもったいないので、なるべく早く平らげると、二人はまた抱きしめ合った。
 状況はわかっているし、心は通じ合っている。温もりを確かめ合う以外に、もう二人には必要なかった。
「きっと誰かが助けに来てくれる。カタリナがルリアを助けたように」
「うん……」
「私も頑張るから、ルリアも頑張って。きっと大丈夫だって」
「うん……」
 小さく頷いて、何度か涙を拭って、ルリアはジータの目を真っ直ぐ見つめて、言った。
「頑張ろう、ジータ。それで、どうしても、どうしてもダメだったら……一緒に死のう」
「ルリ……」
 答えようとした口を、ルリアが柔らかく塞いだ。
 強く強く抱きしめて、キスをしたまま、ジータは心で誓った。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析