ハーメルン
「平和的」独裁者の手放せない相談役
第10話:騎士



 ◆◇◆◇◆◇


 そして現在。

「『月の盾長官、山岳救助に従事する僧院を慰問』か。いやいや、なかなかよく撮れているじゃないか」

 今夜も私の部屋を、アシュベルドは訪れていた。私が手にしているのは、『進撃』という誌名の政治雑誌だ。そこには大きく一枚の写真が掲載されている。多くの人に囲まれ、大型犬を足元に従えたアシュベルドの写真だ。

「冗談じゃない。俺が犬嫌いなのは君が一番よく知っているじゃないか、鈴」

 ソファに座る私の隣、という指定席に腰掛けた彼は顔をしかめる。話題は、少し前に彼が慰問で訪れた僧院でのことだ。山岳救助を行う彼らは、お供に大型犬を従えている。アシュベルドはその犬と一緒に写真に写っていた。犬が苦手にもかかわらず、表面上は平静そのものだ。

「それをおくびにも出さない君の豪胆さには、正直言って感心したよ」
「ああ、本当によかった。今にも飛びつかれるんじゃないかと思って生きた心地がしなかったよ」

 私も側にいたのだが、彼の内心は見事なポーカーフェイスで無事隠しおおせていた。写真だけ見ると、まるで彼はライオンを従える古代の王侯だ。今月の『進撃』は売り切れ必須だろう。

「そういえば、『長官は犬がお嫌いですか?』って記者に聞かれたね。内心が透けていたのかな?」

 私が少しだけ動揺させるようなことを言うと、たちまち彼はうろたえる。

「そ、そうだったらどうしよう。悪いことをしちゃったな」

 まったく、人前では泰然自若とした面持ちを一切崩さないのに、本当の彼はこの通り実にデリケートだ。

「大丈夫大丈夫。君の答えは見事なものだったよ。『率直に言えばあまり好ましくは思わない。忠実なのは美点だが、無私が過ぎて自立という点では少々物足りないな。私が貴公らに求めるのは、自ら考え自ら判断する有能さだ。犬のようにただ伏し、命令を待つだけではふさわしくない』ときたものだ」
「うう……。口が滑った。言い過ぎたよ、ごめん」

 私が一言一句違わず彼の発言を再現してみせると、彼はうつむいてしまった。

「私に謝る必要などないさ。むしろ、みんな顔を輝かせて聞き入っていたよ。『さすがは月の盾の大隊指揮官殿。盲従を一笑に付されるとは恐ろしいまでの冷徹さです』と彼らの目が語っていたのが分かる」
「それでいいんだろうか……」

 深々と彼はため息をつく。つくづく、今の連邦の国民と彼は奇妙な蜜月の関係にある。国民が期待し、それに彼が応える。なまじ彼が表面を取り繕うのが上手だから、国民は未だに夢から覚めない。自分たちが崇拝しているカリスマ溢れる月の盾長官は、実のところ等身大の一人の男性でしかないということを、未だ知るものはいない。

「まあ、あの犬はそもそも大人しいし従順だ。君の心配は杞憂だったんだがね」

 私は話題を犬に戻す。

「分かってるよ。分かっているけど、苦手なものは苦手なんだ」
「確かに、私は君が犬に苦手意識を抱く決定的瞬間を目にしているから分かるよ」

 私がそう言うと、彼は非難がましい視線を私に向けた。

「……思えば、鈴はあの頃から口が達者だったな」

 私が何を言わんとしているのか、彼は即座に理解したらしい。初めて私とアシュベルドが出会った雪の日。彼は我が家の駄犬に追い回されて半泣きだった。それがきっかけで、彼は犬が苦手になったのだろう。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析