ハーメルン
「平和的」独裁者の手放せない相談役
第7話:憧憬



 ◆◇◆◇◆◇


「もう大丈夫だ。安心したまえ」

 昏倒したガレードが運び出され、それにミゼルが付き添っていくのを確認した後、アシュベルドは少年に声をかける。

「あ、ありがとうございます。ええと、お兄さんは……」

 たどたどしく名を聞こうとする少年に、彼はほほ笑む。

「私の名はアシュベルド・ヴィーゲンローデ。血族と戦う月の盾を率いる者だ」
「は、はいっ」

 少年はぎこちなく一礼する。少年の目にはアシュベルドが英雄のように見えるのだろう。

「貴公はなかなかの勇気の持ち主だ。よく、今まで泣かなかった」

 彼の指摘に、少年はうなずく。

「……妹がいたから。あそこに」

 少年がアシュベルドの後ろを指差す。そこにあるのは大きなクローゼットだ。その扉がゆっくりと開く。

「……おにいちゃん」

 中から出てきたのは、少年よりも一回り小柄な寝間着姿の少女だ。今までずっと、クローゼットの中に隠れていたのだろう。少年の妹の目に見る見るうちに涙が浮かび、兄に縋り付いて泣き始める。ようやく緊張が解けたのだろう。少年もまた妹を抱きしめて泣く。今まで、恐怖のあまり泣いてしまうのを必死でこらえていたのだ。

「自分が泣けば、つられて妹も泣いてしまう。そうすれば血族に感づかれてしまう。だから、貴公は今まで涙を我慢していたのか」

 強い家族愛をまざまざと目にし、やがて泣き止んだ少年にアシュベルドは告げる。

「私は貴公の勇気に敬意を払おう。勇敢なる少年よ。貴公の勇敢さと優しさに、月光の導きがあらんことを」




「――っていうことが少し前にあったんだ」
「ふむふむ」

 今夜もまた、私はアシュベルドの傍耳として彼の話に耳を傾けている。今回は悩み事の相談ではない。ただ、最近あったことを語る世間話の類だ。

「正直に言っていい?」
「もちろんだとも。私は君の傍耳だぞ」

 内心で少しだけ、私は身構える。これは……いつものが始まるな。

「じゃ、じゃあ――あれは我ながら百点満点だったね!」
「左様か」

 拳を握りしめるや否や、彼は熱っぽく早口で語り始める。

「絶体絶命の窮地に颯爽と現れ、失態を犯した部下を激励し、しかも健気な家族愛に敬意を払う。どう? 厳しさという料理の中に優しさというスパイスをきかせた、まさに月の盾長官として完璧な振る舞い! 決まったな!」

 これが「いつもの」である。人心とは実に複雑怪奇。アシュベルド・ヴィーゲンローデの心思は、相反する要素が複雑に絡み合ったモザイクの様相を呈している。気弱で小心者の内面と、それを隠すために冷徹かつ傲慢で武装された外面。しかしながら、同時に彼はかなりの見栄っ張りで、明らかに時折格好良く装った自分に酔っている節があるのだ。

「……君のその自己陶酔の気について、今はあれこれ私は言わないがね。しかしその真綿は少しずつ、君の首を絞めていると知りたまえ」

彼は目立ちたくない、と普段から私の前で口にしている。しかし、同時に明らかにわざわざ目立つことをしては、周囲の賛嘆の視線に怯えつつ胸を躍らせているのだ。いやはや、実に業が深い。だが同時に、実に興味深い。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析