ハーメルン
継ぎ接ぎだらけの中立区
ある艦娘の一生

私は今、瀕死の状態で浜辺に打ち上げられ、短い人生に終止符を打とうとしていた。
血を流しすぎたか、もう痛みすら感じない。ただただ寒い。目も霞んできており、音もまともに聞こえなかった。寒くて寒くて、そして眠かった。死が間近に近付いてきている。私の終わりはもうすぐそこだった。

「……少し……嫌だな……」

言っても仕方のないことだと思う。だが、言わずにはいられなかった。それほどまでに、私の生き様は酷かった。
世界の危機を救うため、人の手により生み出された生体兵器である私は、救うことなど出来ず、救われることも無く、ここで終わる。

「……死にたくない」

未練が口から溢れ出た。
何も結果を残せず、私は朽ち果てる。そんなのは嫌だ。私は何のために生み出されたのだ。敵を殲滅し、戦果を挙げるためだろう。

()()に気付いてはいるが、それを振り払うように、私は忍び寄る死に抗い続ける。

「死にたくない……死にたくない……」

眠気を振り払い、来ることのない救援を待ち続けた。死んでたまるか。耐えれば事態は好転するはずだ。きっと私を助けてくれる何者かが来てくれるはずだ。
言葉に出来ている間は、私は終わらない。ずっとずっと呟き続ける。

「死にたく……ない……」

だが、眠気は確実に押し寄せる。意識を落としたら終わりだと思い、必死に抗った。

その願いは届いた。

「ーーーー!」

声をかけられたような気がした。まともに音が拾えない耳をすまして聞いても、何を言っているかはわからない。だが、確実に誰かいる。霞んだ目でその方を見た。
薄ぼんやりと見えたそれは、おそらく人型。何者かはわからない。救援かどうかもわからない。私にトドメを刺す者かもしれない。だが、藁にも縋る思いで、声を振り絞る。

「助け……て……」

命乞いのように声が漏れた後、私の意識は闇に飲まれた。これが私の最後の言葉になるかもしれない。
そうだとしたら、あまりにも惨めな、()()()の最期だった。



私はとある鎮守府で建造された艦娘である。
人間の社会を脅かす海の底からの侵略者、深海棲艦を殲滅するために、抑止力として誕生した生体兵器、艦娘。最初は深海棲艦と共に海から来たとされているが、今では人間が自分達の意思で生み出すことが出来るようになっていた。
私もその内の1人。侵略者を殲滅するために生み出され、世界の平和に貢献するのだと思っていた。

だが、現実は違った。


[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析