ハーメルン
継ぎ接ぎだらけの中立区
特異な者

重傷を負った深海棲艦、深海双子棲姫が目を覚ました。姉はシロ、妹はクロと名付けられ、一時的に施設に身を寄せることになる。失われた艤装が見つかる、もしくは代替品が手に入れば、施設から離れ、元いた場所に帰るとのこと。
深海棲艦は帰巣本能が強いのか、目が覚めた時から帰る帰ると言っていた。そもそも何処に棲んでいたかは知らないが、本能がそうさせるのなら、抑圧する理由もない。
飛鳥医師曰く、この施設は『来る者拒まず去る者追わず』が基本。そこに『ただし患者は完治するまで束縛』が加わるだけ。たった1日でほぼ完治した双子は後者から外れるわけだが、出ていく手段を無くしてしまったが故に仲間となった。

「タイクツー、ワカバ、タイクツダヨー」
「今日だけは安静にしろと飛鳥医師に言われているだろ」
「ソウダケドサー」

私、若葉は双子の監視役を任命された。相手が深海棲艦だからというわけではなく、目を離すとすぐに医務室から出て行こうとするからである。私である理由は、第一発見者だから。
一時的な仲間として施設にいることは快諾したものの、じっとしているのが嫌らしく、事あるごとに騒ぎ立てる。クロはとにかく落ち着きがない。

「ナンカヒマツブシナイ?」
「無い」
「ブー、ツマンナーイ」

ベッドの上でジタバタしているクロを尻目に、シロの方を見る。何やら喉を押さえて、か細く何かを呟いている。喉でも痛いのだろうか。

「シロ、具合が悪いのか?」
「……アー……あー……ん、出来た」

声色が突然変化したため、目を見開くほど驚いてしまった。
深海棲艦が独特な声色をしているのは、先程までの会話でよくわかっている。反響しているというか、ブレて聞こえるというか。とにかく聞き取りづらい。早口でまくし立てられたら、まず私には理解できないだろう。
が、シロはこの瞬間に私達と同じ話し方が出来るようになった。どうやってだ。声帯を弄ったのか。訳がわからない。

「アネキ、ナンカコエガカワッタネ」
「こっちの人達に合わせた方がいいかなって……」
「ワタシモデキル?」
「多分……」

シロがクロの喉に触れ、押さえたり引っ張ったりしている。そして、

「あー、あー、おお! 出来てる出来てる!」

クロの声色も変化した。聞き取りやすくなったのは良いことだが、何をどうしてそういうことが出来るのかは全く不明。これは飛鳥医師に丸投げすることになりそう。
今の私には理解が追い付かなかった。重傷が1日で治ったり、喉を弄って声が変化したり、常軌を逸している。少なくとも、深海棲艦は艦娘よりも上位の生命体なのだと感じた。だからこそ侵略者になり得るのかもしれない。
そう考えると、現状で戦いが拮抗状態なのは運がいいのか実力があるのかわからないものである。

「これで……お話しやすくなった……ね」
「あ、ああ」

正直な話、今の私はシロに対して恐怖を感じている。元々深海棲艦に対してトラウマめいたものを抱いていたが、それがより一層強くなってしまった。
私の目の前にいる深海棲艦には、まず勝てないと、心が屈服してしまっている。だからといって、そんな態度はおくびにも出さず、平静を装う。

「……ワカバは……何故私達のこと……助けてくれたの?」
「あー、それは気になってたかな」


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析