ハーメルン
継ぎ接ぎだらけの中立区
理解者

深海双子棲姫、シロとクロが目を覚ました午後。今回の来客は明日の午前中から来るということで、その準備に勤しんだ。準備と言ってもある程度工廠なり談話室を片付ける程度。日頃の雷の家事のおかげで、皆で手分けしてちょっと入念に掃除をするくらいで済んだ。
私、若葉も当然その掃除に参加。朝のランニングが頓挫した分を取り戻すように、掃除で体力を使うことに。

シロとクロは丸一日は安静にするという話だったが、怪我の後遺症もなくあまりにも健康体だったため、医務室での軟禁期間を短縮し、掃除終了後にこちらも終了。今後は医務室ではなく、私達と同様に私室を与えられることになる。
2人は常に一緒にいたいらしく、部屋は1つでいいと志願。飛鳥医師もそれを了承した。深海双子棲姫が()()()()()()であることは今までの言動である程度わかる。それをわざわざ離す必要もない。

「あとは服だが……回復が早すぎて間に合ってないぞ。それに、深海棲艦の服だなんて手に入れようがない」

検査着のままで生活してもらうのは流石にまずい。とはいえ、何も着ないわけにはいかない。ここに運び込んだ時に着ていたものは、処置の際に廃棄している。そもそも怪我のせいで破損しており、着れたものではなかったし。

「なんでもいいよ」
「……」

2人とも興味なさげ。だがそれだといろいろと面倒事が増える。ただでさえ明日には来客があるのに、この格好のまま客前に出てもらうわけにはいかない。
すぐに渡せそうなのは、私や雷の運動着だろう。体格的には私や雷が丁度いいくらいであり、これなら制服より替えが利く。枚数も多い。

ということで着替えてもらった。私と雷のものでもサイズが丁度いいくらい。心機一転といった感じで、興味なさげだった2人も初めての服には少し高揚していた。

「こう見ると、本当に深海棲艦には見えないわ」
「な。頭にフィンみたいなもんが付いてるくらいで、あたしらと同じじゃねぇか」

おそらく、頭に付いたフィンのようなものは、深海棲艦特有の『角』ではないかと飛鳥医師が予想している。処置中にいろいろと調査し、しっかりと頭に食い込んでいたのだとか。とはいえそんなところはもう気にならない。



そして翌日。朝食後に施設に到着するということで、ほんの少し慌ただしい朝。提督という役職を持つ人間がやってくるというのは、それだけでも緊張するのだが、ただでさえ苦手な人種なので余計に悪化している。
今から来る提督は、私の知っている唯一の提督とは別人。飛鳥医師以外にも、雷や摩耶の反応からして、私にしたようなことはしないような人間だ。それに、あの文月達を束ねる鎮守府の長なのだから、尚のこと信用できるはず。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析