ハーメルン
継ぎ接ぎだらけの中立区
恵みの嵐

深海双子棲姫の艤装を有り合わせの材料で作っていく方向で一致団結した。私、若葉もこの機会に艤装の整備の方法を完全に覚え、摩耶と共に工廠での仕事が出来るようになりたい。
その一歩目が深海棲艦の艤装というのはまた難儀なものではあるが、これはこれでやり甲斐がある仕事だ。楽しくなりそうである。

ただし、今は一切の材料がない。先日の鋼材搬入で全て持っていってもらっていっている。そのため、材料集めのためにはまず、次の嵐を待つしかなかった。こればっかりは天災であるためどうにもならない。
前回の嵐は、おおよそ2週間前。嵐が起こりやすい地域とはいえ周期は微妙にバラバラらしく、早いと2週間で来ることもあれば、1ヶ月以上空くこともある。

「早く嵐来ないかなぁ」
「そんなにすぐには……来ないよ」
「そうだけどさぁ。姉貴だってすぐに直したいでしょ?」
「それは……そう……だけど……でも呼んで来るものでもないし……」

艤装が戻ってくる日が待ち切れず、事あるごとに外を眺めているクロ。外は雲ひとつない晴天。嵐は遠すぎるほどに思える。待っていても来るものじゃない。
シロがその辺りはどうにか言いくるめようとしているようだが、なかなか話を聞かないようである。楽しみなのは仕方ないだろう。とはいえ、私達は未だに嵐に対しての嫌悪感や苦手意識は残ったままだ。来ないのなら来ないでほしい。

この一件から、クロは摩耶に懐くようになった。早く直したいという気持ちの表れか、簡単な艤装整備すら手伝うようになった。クロが工廠にいるため、シロも近くにいる。艤装の整備は遠目に見ているだけだが、居心地は良さそうだった。



そこから嵐が来たのはちょうど1週間後。
私がここに来て初めて知った嵐よりも大きな嵐。施設そのものが少し揺れるほどにまで強い風と、雨戸に叩きつけられる雨。そして雷すら鳴っていた。私は激しい嫌悪感を覚え、雷は怯えて私の部屋にやってくる。ここまで激しいものだと、摩耶も寝付きが悪くなるらしく、前回と変わらず3人で眠ることに。

「これはダメ……ダメね……すごく怖いわ……」
「ああ……これはダメだ……最悪な思い出が蘇る」
「まぁこういうときは頼ればいいぜ。あたしも正直助かるしな……」

私が酷い目に遭った荒天の戦いは、これくらいの酷い嵐だった。嫌悪感は激しくなる一方で、イライラが募る。
それをどうにかしてくれるのが摩耶だ。私と雷の頭を撫でながら、少なくとも私達が眠りにつくまでは起きていてくれる。それだけでも嫌悪感が和らいでいくように思えた。仲間に裏切られて見捨てられた私には、()()()()()()仲間の温もりが必要なのだと改めて実感。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析