ハーメルン
継ぎ接ぎだらけの中立区
新たな捨て駒

私、若葉にとっては2度目の嵐の後の浜辺清掃。深海双子棲姫の艤装を有り合わせで作成するためにも、使えるもの使えないもの関係なしに、浜辺に打ち上げられたものを片っ端から拾っている。浜辺の環境保全にも繋がる普段からやっている仕事だ。
そんな中発見したのは、私と同じように大怪我を負った状態で漂着した1人の艦娘。辛うじて息はあるが、全身大火傷を負い、予断を許さない状況。すぐにでも治療しないと死んでしまうため、飛鳥医師は清掃を中断して施術を開始した。

私はその手伝いを自ら志願した。この大怪我を負った艦娘は、おそらく私と同じ境遇。捨て駒として生み出され、囮に使われた結果、この状況になっている。言ってしまえば()()()だ。

「いいな、若葉。僕の指示を確実に実現してくれ。難しいことは言わない。ただし、絶対に動きを止めるな」
「了解」

医師と患者という関係ではなく、家主と居候という関係でもない。今だけは上司と部下、()()()()()の関係になる。飛鳥医師の指示は絶対。否定も疑問もなく、言われた通りに身体を動かせばいい。
今の私は敵を殺すための生体兵器ではなく、人を生かすためのロボットだ。それでこの艦娘を助けられるのなら、私は幾らでも自分の意思を捨てよう。

「よし、長丁場になるから覚悟しろ」
「ああ、若葉は24時間働ける。大丈夫だ」
「その言葉、今回だけは頼りにさせてもらう」

事実、その施術はそれから十数時間にも及ぶ大手術となった。

後から知ったが、私の時はそれ以上だったらしく、歴代1位。今回はこれでも摩耶の時よりは時間がかかっていないそうだ。四肢が一部欠損しているよりはマシということなのかもしれない。



全てが終わった時、外はもう暗かった。昼食も摂らず、夕食の時間も大きく越え、グッタリとした状態で処置室から出る。慣れていない私はともかく、飛鳥医師も疲労困憊。シロとクロを施設に運び込むときとは違う、精神的な疲れで頭が痛くなりそうだった。

「先生、若葉、さっきの子は!?」

処置室の前でみんなが待っていた。特に雷は一緒に発見したため、その結果が早く知りたかったようだ。幸いみんな夕食後だったようで、初めて浜辺の清掃をしたクロは疲れでうつらうつらとしている。逆にシロは、処置室の中をジッと見つめていた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析