ハーメルン
継ぎ接ぎだらけの中立区
2つの仕事

浜辺に漂着した艦娘、三日月の治療が完了した。
身体の大部分が火傷を負っていたため、それを治療するために保管してあった深海棲艦の皮膚を大部分を消費。さらには焼けたために失明してしまった左目も移植したことにより、目が覚めれば五体満足という状態に。この施設に住まわせてもらっている他の艦娘と同様、()()()()()()としての復活となる。本人がそれを良しとするかは、目を覚ましてから。
三日月が目を覚ますまで、見込みで3週間。それまでは私、若葉の時と同じように、雷が身の回りの世話をする。世話といっても、定期的に全身に巻かれた包帯を交換し、身体を清潔に保つことのみ。当然だが食事は出来ず、栄養は点滴で送られることになる。その辺りの管理も雷が行なうとのこと。

「雷、若葉も何かあれば手伝う」
「ありがとう。1人だと難しいこともあるから、手伝ってもらえるのは嬉しいわ」

私の見立てでは、三日月は私と同じように()()()として生み出されている。同じ境遇のためか、どうしても放っておけなかった。目が覚めた後も、いろいろな感情に振り回されることになるだろう。
私が通ってきた道を、同じように歩けるかは定かではない。私には私の、三日月には三日月のやり方、考え方がある。なるべくなら、今までのことを忘れて、ここで楽しく生きてもらいたい。



翌日からは、深海双子棲姫の艤装作成と、目覚めない三日月の介護の両立となった。とはいえ役割分担は出来ており、三日月の方は飛鳥医師と雷が、艤装の方は私と摩耶が担当する。
クロは自分のことに繋がっているため勿論艤装側。シロはクロから離れないので艤装側。人数に差が出来たため、余裕があるときは私が三日月側も受け持つ。手伝うとも言ったわけだし。

基本的には艤装作成がメイン。三日月の介護で私の手が必要なときは、包帯を解いて身体を拭くときくらいだ。検査や点滴の交換などは2人いれば充分に賄えており、雷はこの仕事に加えて家事もこなしている。

「つーわけで、集まった艤装から使えそうなモン探すぞ。深海棲艦の艤装も結構あったから、まずは主機の部分だ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析