ハーメルン
継ぎ接ぎだらけの中立区
眠り姫

深海双子棲姫の艤装作成と、眠り続ける三日月の介護、2つの仕事を進めていく施設。私、若葉はそのどちらにも参加し、自分の技術力を高めつつも事を成していく。
そもそも、どちらのことにも私は関係していた。深海双子棲姫、シロとクロを拾ってきたのは私だし、三日月はおそらく私と同じ境遇。そのため、自分からどちらにも関わるようにしている。
こうやって働いていることで充足感が得られるため、私は当初よりの目標である『楽しく生きる』が実行出来ていると思う。この生活は楽しい。誰かのためにもなるし、自分のためにもなる。



このような生活を続けて早2週間。それだけの時間があれば進展がある。

深海双子棲姫の艤装は、どうにかこうにか主機が完成。みんなでバラし、分別した廃材から厳選し、それらしいものがようやく完成した。クロが言っていた通り背中に接続するタイプで、それを2人分。遠隔操作するための本体は受信する基部が出来ているだけなので、完成まではまだまだ遠い。
だが、主機ができたことによりクロとシロが力仕事が出来るようになった。シロはそれでも肉体労働が苦手なようで、その辺りはクロが一任。

「マヤ、ありがとう! 私達も手伝いやすくなったよ!」
「だな。でも、本当にこんな感じでよかったか?」
「ちょっと大きいけど、動きにくいわけじゃないし大丈夫!」

本来は肩甲骨周辺に貼り付けられるほど薄いものだったらしいが、残念ながらそこまでのものが出来そうになかったため、前から見てもわかるくらいのサイズになってしまっている。それでも動きは阻害せず、むしろクロは気に入ったようだった。

「……クロちゃん……羽が生えたみたいに見えるよ」
「姉貴もね!」

その艤装はさながら、小さな天使の翼。これにより、遠隔操作に加え、海中で移動するための推進力を得る。2週間たっぷり使い、摩耶が頭を捻りながら搾り出した改造案である。

海中でのテストもいい具合に終わった。呼吸をするための艤装が無いため、ちょっと潜ってすぐ帰ってきたが、クロとしてはテンションが上がり切るほどの満足感だったようだ。シロも心なしか嬉しそう。

「遠隔操作する方より、出来れば呼吸器を作っておきたいが……今回の件でパーツが落ちてなかったんだよな。こればっかりは次の機会を待ってくれ」
「っあーい!」
「うん……ありがとう……マヤ……」

前々から懐いていたクロであったが、今回の件でより一層懐いていた。一歩引いた位置から見ていたシロも、今ではクロと同じくらいにまで距離が近い。たまに夜一緒に眠っているほどだとか。その時に今回の艤装の形状も設計したようだ。

「ワカバもありがとね!」
「若葉は殆ど何もしていない」
「礼は素直に受け取っとけ。それに、お前も結構いろいろやってくれたろ」

私がやったのは選別後のパーツを洗浄したくらいだ。個数がかなりあったため、艤装作成の方には手が出せなかった。綺麗にしておかないと錆び付いたりして後々使えなくなったりするため、洗浄は大切な作業になる。

「っし、じゃあ今日はこの辺にしとくか。明日からは遠隔操作の艤装な」
「っあーい!」
「うん……よろしく……ね」

艤装作成は順調だ。



三日月の方は、2週間経過してもまだ目を覚ましていない。その間も常に清潔にし続け、食事が取れなくても衰弱しないように栄養を投与し続けている。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析