ハーメルン
継ぎ接ぎだらけの中立区
負の塊

三日月が目を覚ました。しかし、漂着前の経験から、飛鳥医師を拒絶し、全ての人間や艦娘に対して嫌悪感を抱いている。今の三日月は1人に出来ない。せっかく助かった命を棒に振り、自ら死を選んでしまいそうな危うさが感じ取れた。こんなに嫌な世界なら、生きていても意味がないとでも言いそうな、そんな雰囲気。

その三日月は、自分の現状を知り泣きじゃくった後、泣き疲れて眠ってしまった。念のため今まで繋がれていた機械をもう一度繋ぎ、横にする。
今は小さく寝息を立てている。この状態なら安定しているように見えるが、また目を覚ましたら先程のように半狂乱で暴れ出すかもしれない。

「飛鳥医師、雷、三日月は寝た」
「……そうか。なら入って大丈夫か」

脱いだ服をしっかりと着込み、外に呼びかける。ずっと医務室の外で待機していた飛鳥医師が再び中へ。雷も浮かない顔で一緒に入ってきた。私と三日月の会話は、外にも聞こえていたはずだ。

「すまない。うまく説明できなかった」
「いや、充分だ。僕が説明したいことは全て話してくれている」

私が三日月に説明したのは私が今まで経験した全てのようなものだが、特に頑張って伝えたのは、三日月に施された処置とそれを実施した飛鳥医師の意思だ。
命あるものは必ず救うという信念の下、死にたくないと譫言で漏らした三日月を助けるため、ここで出来る全てを使って三日月の命を繋いだ。今は不恰好な継ぎ接ぎだが、いつか必ず元の姿に戻すと言ってくれていることも、ちゃんと伝えている。

「……こんな治療しか出来ない僕の落ち度だ」
「そんなことないわ! 三日月もいつかわかってくれるはずよ!」
「三日月の身体は必ず元に戻す。必ずだ」

これほどの治療が出来る飛鳥医師でも、材料と技術が無いために艦娘を艦娘として治療することが出来ない。それをずっと悔やんでいる。

艦娘の身体は人間とは少し違う成分らしい。そのせいで、人工皮膚や人工臓器が作り出すことが出来ないそうだ。飛鳥医師の研究は、専らそれが全てを占めている。
ドックがあれば治療出来るのだから、そんなもの必要ないという者は少なからずいるだろう。だが、こういう緊急時でも治療出来るようになることに意味がある。例えば、何らかの事情によりドックが使えない状況に陥っても、最悪な可能性を回避出来るようになるはずだ。

ふと、私は疑問を抱いた。

「飛鳥医師、ここの浜辺には、()()()()()は流れ着いたりしないのか。深海棲艦の死骸は流れ着くが……」

私達の命を繋ぐための素材はいつも深海棲艦のものばかりだ。だからこうも(いびつ)な継ぎ接ぎになってしまう。それが艦娘のものだったらどうだ。縫合痕などは残るかもしれないが、言い方は悪いが()()()とかは正常に見えるだろう。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析