ハーメルン
継ぎ接ぎだらけの中立区
傷だらけの家族

捨て駒として生み出され、鎮守府の思惑通りに戦場で惨めに散った私、若葉であったが、死の寸前で見知らぬ人間に救助された。
命を落とさずに済んだ代償は、身体の一部を深海のパーツに置き換えられること。私を助けてくれた人間、飛鳥医師は、必ず私を元の姿に戻してくれると言ってくれたが、私としては今の姿で充分であった。不幸しかなかった一度目の生を全て捨て、新しい私に生まれ変わった証としての姿と、自分で認識している。

今の私は継ぎ接ぎで出来ているが、これが私だ。継ぎ接ぎの若葉として、二度目の人生を改めて歩いて行こうと思う。



「そうだ! 若葉、包帯を替えるわ。先生はお部屋から出てね」
「ああ。こういう時は雷がいてくれて本当に助かる」
「もーっと頼ってもいいのよ!」

私の身体のそこら中に巻かれている包帯は、定期的に雷が替えてくれているらしい。今までは私がずっと眠っていたためにかなりやりづらかったようだが、今後は私の意識があるので大分楽になると喜んでいる。
飛鳥医師が医務室から出て行ったことで、テキパキと準備を始めた。身体中に付けられている機械を正確に外していき、検査着を脱がしてくれる。

「やっぱり家族が増えるっていいわよね。若葉は私の妹みたいになるのかしら」
「……確かに少し見た目は似ているが」
「お姉ちゃんって呼んでくれてもいいのよ!」
「勘弁してくれ」

終始一貫、テンションが高い。私がここに世話になることがそんなに嬉しいのか、それともこれが雷の普段なのか。

「私にも姉妹がいる()()()んだけど、見たことないのよね。というか、全然思い出せなくて。だから、若葉が妹になってくれると嬉しいのよねー。ちらっちらっ」
「若葉には初春と子日という姉がいるし、初霜という妹がいる。他をあたってくれ」
「ざーんねん。でも頼ってくれていいんだからね!」

お喋りしながらも器用に包帯を解いていく。その下からは予想通りというか、痛々しい傷痕が露わになる。特に二の腕、本来の私のものとは別物を癒着させているため、クッキリと縫合痕が刻まれていた。
3週間も経つためか、血が流れるようなことは無いものの、クッキリと刻まれたそれは、見ているだけでも顔を顰めてしまうほどのもの。だが、そんなこと関係ないと言わんばかりに、雷は手際よく私の身体を拭いていく。

「痛いぞ……だが……悪くない」
「綺麗になっていくのは悪くないでしょ。痛いのは我慢してね。なるべく優しくやるから」

清潔になっていくのは気持ちいいものだ。
だが痛い。とにかく痛い。治療痕はある程度塞がっているとはいえ、触れられるだけでも震えそうになる痛み。特に腕。皮膚移植の場所と比べても痛みが段違い。別の種族の腕が拒絶反応を起こしているのではと思える痛み。

「艦娘って自然治癒能力が人間よりも高い方なんだけど、ここまで重いと治るのもそれなりに時間がかかるみたい。先生の見立てだと、あと1週間くらいで痛みが少しは引いてくるって」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析