ハーメルン
継ぎ接ぎだらけの中立区
裸の付き合い

ほんの少しだけだが、私、若葉に心を開いてくれた三日月。世界の全てを嫌っているが、私のことは()()()()と言ってくれた。今はそれでいい。これを足掛かりにして、世界への嫌悪感を少しでも緩和してくれればと思う。

今のところ、飛鳥医師とシロクロが視界に入ると錯乱してしまう。嫌悪の象徴である人間と、恐怖の象徴である深海棲艦はまだ難しい。接することが出来るのは同種である艦娘でギリギリ。私達はそれに加えて、三日月と同じ身体に傷を持つ継ぎ接ぎの者であるために、三日月の中では許容範囲内に収まっているのだと思う。
そのため、引き続き私が側におり、雷にサポートしてもらうという生活を続けて行くことになる。

「夕食も終わったし、そろそろ風呂だ」

今までは身体を拭くだけになっていたが、目を覚ました今、ある程度は自由が利く。今日は丸一日ベッドの上に居てもらったものの、2週間の眠りの間に身体はほぼ完治しているため、そろそろ部屋から出るのもいいだろうと判断した。
三日月には見えないところで飛鳥医師とも相談し、時間を考えてなら風呂も許可された。そしてそのままあてがわれた部屋に移動してもらう。他の仲間に強要するのもどうかと思うので、全員が入った一番最後、もしくはまだ誰も入っていない一番最初を狙う。今ならまだ誰も入っていない。

「これで良さそうなら、医務室卒業だ。部屋も用意してある」
「そうですか」

素っ気ない返事。これでも最初より進展しているのだから困ったものである。これは少しは気を許した私に対してのみの三日月。
雷が昼食や夕食を持ってきた時には殆ど喋らず目も合わさない。だが私にはそれなりに意見も言う。昼の間はずっと施設の説明や今までやってきたことを一から話し直したが、黙って聞いていたわけでなく、相槌や文句もあった。
結果的に、三日月とまともに会話できるのは私だけという現状である。未だに笑顔は一度も見れてないが。

「若葉も一緒に入る。裸の付き合いというヤツだ」
「……別にお風呂くらい1人で」
「若葉が一緒に入りたいから入るだけだ。それに、1人で入ってもいいが、何かあった時1人で対応出来るのか? 例えば……クロと鉢合わせたり」

ビクンと震える。名前を聞いただけでコレ。まだまだこの施設に馴染めるのは遠そうだ。

「……一緒でお願いします」
「了解した」

観念したようだ。万が一のことを考えると、私も気が気でない。



風呂ではどうしても自分の全身を見ることになる。私の身体は既に三日月には見せているし、三日月の身体は処置を手伝っている時に見ている。だが、三日月自身が自分の身体の全容を見るのはこれが初めて。今までは腕と顔くらいしか知らないが、全てを見ることでどういう反応をするか。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析