ハーメルン
継ぎ接ぎだらけの中立区
継ぎ接ぎの若葉

私、若葉が飛鳥医師の下に身を寄せるようになり1週間が経過した。リハビリは目を覚ましてから欠かさず行い、痛みを感じつつも身体を本調子に戻そうと日々努力している。毎日の積み重ねで身体が動くようになっていくことを実感すると、この痛みも心地よさを感じる程であった。
回復さえすれば、私の記憶に残る最悪な人生を払拭するほどの輝かしい未来を掴める。私の身体は艦娘からは逸脱しているかもしれないが、私が満足出来る生き方が出来るはずだ。そう考えると、リハビリにも力が入るというもの。

「もう大分動けるようになったな」

リハビリを見てくれるのは飛鳥医師。治療の経過観察をするのも医者の務めとサポートしてくれている。日常生活は雷が見てくれるので、至れり尽くせりである。

「まだ脚が少し痛い。だが、歩くことは出来るようになった」
「痛みに関してはもう少し我慢してくれ」

初めて立ち上がった時は、摩耶に忠告された通り生まれたての子鹿のようになってしまった。問題ないと大見得切ってこれは少し恥ずかしい。毎日痛みに耐えながらストレッチなどをしたおかげで、ここまで来ることが出来た。

「腕の方は完全に馴染んだみたいだな」
「二の腕の痛みももう無くなった。動かすことに違和感もない」
「摩耶の時にはもう少し時間がかかったんだ。脚と腕では回復の時間に差が出るのは当たり前だったか」

脚と腕は太さが違うのだからそうもなるだろう。そもそも摩耶と私では体型が違う。小柄な私の方が馴染むのが早かったようだ。

「他に何か違和感はないか。どんな些細なことでもいい」
「今のところは何も」
「それなら良かった。残りあと少しの痛みさえ無くなれば、怪我をする前の状態に戻るだろう。その痣はどうしたい」

駆逐棲姫の腕ということを表す左腕の痣。毎日見ることになるこれも、 まだ目覚めて1週間しか経っていないが、今の私にはそれなりに愛着があるものだ。新しい人生の始まりを表す痣。これがあることで私は生まれ変わったのだと自覚出来る。
嫌な過去があるという証にもなってしまっているが、それが気にならないくらいの生活をしていけばいい。その意気込みにもなる。

「若葉は気にしてない。このままがいい」
「ならそのままにしておこう。流石にそれを消そうとすると、また違う腕を探してくるしかないからな」
「また左腕を切断されても困る」

なかなか怖いことを言う。

「何故こんな治療が出来るんだ?」

ずっと聞いていることをまた問うた。自己紹介されたときに、本人の口から『少し特殊な経緯がある』と出たが、その真相は闇の中。雷や摩耶ですら知らないことだから、頑なに言わないようにしている。

「秘密だ」

やはりはぐらかされた。得体の知れない治療法を秘密と言われるのは恐ろしいことではあるが、瀕死の状態をドック無しでここまで回復してもらえたのだから腕は確かなのだ。何をどうしたらそんな経験が積めるのやら。

リハビリが終わり、飛鳥医師の診察も終了。傷から血が滲むようなことはないため、身体中に巻かれた包帯と検査着も今日限りで卒業でいいとのこと。
本来ならば、私には駆逐艦若葉としての制服がある。だが、ここに流れ着いた時に着ていたものは使い物にならないほどボロボロになっていたことだろう。なら何を貰えるのか。


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析