ハーメルン
継ぎ接ぎだらけの中立区
嵐の後

嵐が過ぎ去った朝。私、若葉は摩耶の部屋で目を覚ました。最悪な第一の人生を思い出させる嵐に嫌悪感を覚えていた私だが、摩耶と雷と一緒に眠ることでそれを払拭出来たと思う。おかげで嫌な夢を見るなんてこともなく、グッスリと眠ることが出来た。
起きたのは私が一番最初のようだった。規則正しい生活のために目覚まし時計が用意されていたが、それが鳴る前に目を覚ましてしまったらしい。

昨晩は本当にたわいないお喋りをし続けた。生まれ落ちてまだ日が浅い私は専ら聞き専ではあったが、楽しい時間を過ごせたと思う。そのお喋りの中で、この世界がどういうものであるかを少しは理解できた。

この施設は人里離れた岬に造られているということがわかった。理由は実に簡単で、元々鎮守府という軍事施設だったのだから、民間を巻き込まないためにも離れた位置に造るのは至極当然のこと。それに加えて、嵐の日の後に浜辺に深海棲艦の死骸が流れ着いてくるのだから、普通は誰も寄り付かない。
何故そんなところに飛鳥医師が居を構えようと思ったかはわからないが、少なくとも私達のような、ここの浜辺に流れ着いた瀕死の艦娘の命を救うためであることは聞いている。深海棲艦の死骸が流れ着くのだから、艦娘の死体が流れ着いてもおかしくない。少なくとも最古参である雷がこの施設に滞在を始めてからは一度も見たことはないらしいが。

まだ飛鳥医師には謎が多い。そのうち自分から話してくれる時が来るだろうか。

「んん……ふぁ〜、おはようさん」
「おはよう」

物思いに耽っている間に摩耶が目を覚ます。それと同時に目覚まし時計がけたたましい音で鳴り響いた。その音でビクンと震えた後に目を覚ます雷。

「若葉、目覚まし止めてくれ」
「わかった」

鳴り響く目覚まし時計を止めて、雨戸を開ける。スッキリとしたいい天気。昨晩の嵐が嘘のようだった。

「こりゃあ何か流れ着いてそうだな。今日は大仕事になるぜ」
「若葉は初めての仕事だ。任せてくれ」
「おう、頼りにしてるぜ」

施設の一員となって初めての仕事だ。やる気も漲るというものである。



雷手製の朝食を食べ終え、飛鳥医師も一緒に浜辺へ。ここからは汚れることも多いと、全員が作業着に着替えての集合となった。重いものを運ぶ可能性があるため、艦娘は艤装も装備する。
既に私の分の服まで用意されていたのは驚いたが、寝間着のこともあるので納得はした。サイズまでピッタリ。

「手分けして浜辺を確認していく。僕は人間故に非力だから、誰かサポートしてくれ」
「ならあたしが手伝う。雷、初めての若葉をサポートしてやんな」
「りょーかいよ! 若葉、私をいっぱい頼ってね!」

ということで、私は雷と共に浜辺の散策をすることに。

私達の向かう方向は、私が流れ着いていた方の浜辺になるらしい。言われてみれば、微かにだが見覚えのある風景。あの時のぼやけた眼では詳細までは掴めなかったが、なるほどこうなっていたのか。
外を歩くのは治療後初めてのこと。ゴミ拾いという名目があり、しっかり艤装まで装備しているものの、普通に散歩するのも楽しいものだ。潮風が気持ちよく感じる。また暇があれば、ゴミ拾いとか関係なしに散歩をしよう。

「やっぱり何かしらあるわねー」
「みたいだな。鋼材や空薬莢まで……」


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析