ハーメルン
継ぎ接ぎだらけの中立区
外の者

浜辺の清掃を行なって、数日の時が経った。

私、若葉はその間に飛鳥医師の仕事の手伝いをすることが多くなっていた。雷は基本的に家事を専門としており、摩耶は清掃で拾ってきた艤装の修理に勤しんでいるため、入りたてで手すきの私が助手として働くように。私はどちらかといえば戦闘がしたいのだが、この場所でそれを望んでも仕方あるまい。機会があればその時に。
とはいえ、この施設で出来ることは限られている。この施設で使う日用品や食糧は配達で全て賄うため、そちらを整理することが基本的な仕事。所謂雑務というヤツである。艦娘のやることからは離れているような気がするが、秘書艦というものであると思えば納得がいく。

「飛鳥医師、頼まれていた品の発注が終わった」
「ありがとう。助かる」

深海棲艦の死骸を回収した件以降、私と飛鳥医師との関係は何も変わっていない。こちらから何か聞くのはやめたし、あちらからは相変わらず何も説明してくれない。あの時、少しだけでも自分の信念を見せてくれたことが嬉しくあった。
より飛鳥医師のことを知りたいとは思っているが、無理強いをするわけにはいかない。そのため、いつの日かポロッと白状してくれるのを願いつつ、側で雑用をすることにしたのだ。

「次はすまないが、摩耶の手伝いをしてきてくれ。分解した艤装の鋼材を取りに来る部隊がいるんだ」
「そうなのか。確かに、あんなにあっても工廠を圧迫するだけだな」

ゴミ拾いで浜辺を綺麗にするのはいいのだが、そこで拾ったものは何処かに持っていかないと施設内に溜まり続けるだけ。燃えるゴミとかだけならまだしも、戦場で出た廃品が多数流れ着くため、処理すら一苦労する。
そこで、そういったものを他の鎮守府に持って行ってもらう。あちらにとっては、遠征して鋼材を獲得するのと同じ。

私がこの施設を自由に動けるようになった後、工廠にもたまに行っているが、摩耶が分解してただの鋼材に変えていたものが山積みになっていたのを覚えている。先日見つけた連装砲も、使えそうなパーツ以外はその山に積み上げられていた。

「その鎮守府というのは以前から付き合いがあるのか?」
「ああ。雷がここに住み込むようになる前に、浜辺の清掃を手伝ってもらった鎮守府なんだ。その時はゴミをそのまま持っていってもらっていたが、今は分解を摩耶がやってくれているから、あちらとしては手間もかからない」

医者という割には鎮守府との()()がある辺り、相変わらず謎の経歴である。もう本当に医者なのかもわからない。
ここには頻繁に来ている遠征部隊ということで、雷も摩耶も面識があるらしい。私がこの施設にいる時に一度来ていたそうだが、その時はまだ目を覚ましておらず、医務室から出られない状況だったため、面識がない。

「君もこれを機に面識を持っておくといい。皆事情を知っているし、今後も度々顔を合わせることになるからな」
「わかった。その時にはその場に居合わせるようにしよう」

こういう形で外の鎮守府と関係を持てるとは思っていなかった。
今の私には、鎮守府というもの自体が嫌悪感の対象になりかねないが、艦娘に罪はない。出来ることなら、そういうところに友人を作っておくのも悪くないだろう。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析