ハーメルン
継ぎ接ぎだらけの中立区
心身共に

初めて施設外部の艦娘と出会った私、若葉。遠征部隊の第二二駆逐隊は、この施設のことに理解のある鎮守府出身の艦娘達であり、私達継ぎ接ぎの者を見ても何も言わなかった。それだけでも安心なのに、出会ったばかりの私相手でも友人のように付き合ってくれたし、水無月に至ってはアダ名まで付けてくれた。
鋼材を運び出す間というかなり短い時間ではあったが、有意義な時間を過ごせた。また会いたいと思えるほどに。

「おーし、若葉、鋼材あったとこ掃除しておくぞー」
「わかった」

鋼材を持っていってもらったため、そこの場所は大分汚れた空間に。後からまたここに物が積まれることになるだろうが、場所が空いた時に掃除しておくのがいい。

「僕は向こうの鎮守府に連絡しておく」
「なら私がお手伝いするわね。まずコーヒーでも淹れるわ」
「ああ、頼む」

ほんの少しだけの非日常になったが、ここからはまた日常に戻る。特別なことは何も無いが、その分、たまにある特別なことが楽しく感じる。
そして、その特別なことはもう2度と来ないわけではない。確実にまたある。ならばその時を楽しみにしておこう。



その日の夜。今日は1人で寝る。私室を初めて使えるようになった日は嵐の日だったため、継ぎ接ぎの者3人で一緒に寝ることになったが、今は夜でもいい天気。風すら吹いていない。窓から見える月が綺麗だと思えるほどである。そんなときには、各自が自分の部屋で就寝するのが当然のこと。

「……今日は楽しかったな」

今日はいい日だった。第二二駆逐隊と出会えたことが、いい意味で心に残っている。最後の文月のハグの温もりは今でも思い返すことが出来た。

「……また会いたいな」

ボソリと呟く。無意識に、心から出た言葉だ。
初めて出会った外部の艦娘。あの4人となら共に戦いたいと素直に思えた。遠征でもいい。戦場でもいい。仲間として、共に海を駆けることが出来たら、どれほど心強いだろう。継ぎ接ぎの仲間達とはまた違った信頼関係が持てそうだった。
特に文月は、あんな柔らかそうな雰囲気なのに、実力者なのもわかった。握手したとき、手のひらの感覚が他の3人と違った。皆努力をしている雰囲気だったが、文月は特に別格だった。だから駆逐隊の中で旗艦を務めているのだと思う。

「戦場にも出て、遠征もして……努力家なんだな」

私よりも長く生きている分、いろいろなことがあったのだと思う。それを苦とも思っておらず、常に朗らかに笑っていた。まるで私が目指す道、『楽しく生きる』を実現出来ているようだった。私の理想にほぼ辿り着いているのが、あの文月だ。
ああ生きるためには努力が必要不可欠であることを実感した。今日までは飛鳥医師の指示通りの雑務をこなし、暇な時は何もせずにボーッとしていたが、もっと前に進みたくなった。今までの私は、まだ世界に慣れていなかったが、もう違う。蛹でいる時間はもう終わりだ。

「……よし」

艦娘としてはまだまだ半人前にも届いていないだろう。ゆっくりでもいい。確実に、文月に追いつけるように、成長していきたい。
私は1人決意した。誰にも言うタイミングも無いまま、ある意味独断で進めていく。『楽しく生きる』ために、自分のことは自分で決めていくのだ。



翌朝、意気込み過ぎたか、いつもよりも早く目が覚めた。外は少しだけ薄暗く、まだ日が昇っていないくらいの時間。昨晩と同じでいい天気。努力を始めるにはいい朝だ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析