ハーメルン
継ぎ接ぎだらけの中立区
悔いなきように

第二二駆逐隊と出会ったことで、自分の生き方が定まった私、若葉。飛鳥医師の雑務をこなしつつ定期的に身体を鍛えることで、心身共に強くなり、『楽しく生きる』を実現していこうと思う。だからと言って無茶をすると飛鳥医師にこっ酷く叱られることになるだろうから程々に。

それからというもの、朝は早く起きてランニング、日中は飛鳥医師や雷と雑務をこなすか摩耶と一緒に艤装整備、そして夜は早めに就寝という、とても健康的なサイクルが確立された。早寝早起きは健康の基本。艦娘という身体でもそれは変わらない。おかげで私はとても健康的に日々を過ごすことが出来ている。
普通の艦娘がやるべきことは何一つやっていないような気がするが、それでもいい。本当に最悪なことを知っているからこそ、こんな平々凡々な1日が一番楽しいと実感する。他の鎮守府の艦娘からはどう見られるのだろう。艦娘なのにと嫌味を言われるか、逆に羨ましがられるか。
どちらにしろ、私はこれを変えることはない。せっかく艦娘として生まれたのだから、戦場に出てみたいという気持ちはまだ残っているが。



そんな日々が続いて、4日ほど経過したある日。
今日はあいにくの雨模様。こういう時でも朝のランニングは行なっている。日課としていることを1日でもやめると翌日の調子が狂いそうだったからだ。ただし、運動量は少しだけ抑えめに。
雨合羽を着れば耐えられるほどのシトシト降る雨の中、私はいつも通り走る。雨の日の浜辺はそれはそれで違った景色になって楽しい。波が少し高いようだが、嵐の時とは比べ物にならない。

「ふっ……ふっ……」

速度も呼吸も一定のペースで。雨のせいでいつもより身体が重く感じるが、その負荷も心地いい。たった4日で劇的に変わるということは無いが、少しずつ鍛えられているのは実感できる。
とはいえ、海水だけならず雨水も吸った砂浜は、思った以上に負荷が高い。いつも折り返す場所に到着する前にバテてしまいそうだった。

「雨の日は、なかなか、キツイな……だが……悪く、ない」

呼吸を整えながら、折り返そうと思った矢先、視界の端に何かがチラついた。
今のところ毎日この浜辺を走っているため、何か違うものがそこにあるのならすぐに気付ける。これはそのパターン。昨日まで無かったものだ。
雨で波も高いため、何かが流れ着いてきていてもおかしくはない。嵐の後ほどではないにしろ、

「……大きなゴミか?」

今は艤装を装備していないため、大物があったとしても運ぶことは出来ない。だが、何があるかくらいは見ておいた方がいいだろう。以前の嵐の日みたいに、深海棲艦の死骸だったりしたら大惨事だ。すぐにでも運ばなくてはいけない。そうじゃなければゆっくり戻って後から運んでも問題ないだろう。
呼吸が整ったため、それへゆっくりと近付く。遠目に見て白い塊。その近くには黒い塊もある。抱き合っているように置かれているそれは、深海艤装か何かか。

「……んん?」

近付くと、それが生物であることがわかった。白いのも黒いのも似たようなものか。

「……は?」

確認できるところまで近付いて、ようやくそれが何かがわかった。

どちらの塊も、()()()()()()()()()()()

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析