ハーメルン
継ぎ接ぎだらけの中立区
白黒の双子

早朝のランニングで2人の怪我をした深海棲艦を拾った私、若葉。相当な大怪我であったが、飛鳥医師の治療により一命を取り留め、今は医務室で眠っている。
今の私は、その2人を助けたことが本当に正しかったかどうかで悩んでいる。悔いの残らない道を選んだつもりだが、これがキッカケで誰かが傷付こうものなら、私は耐えられない。

「雷、すまない」
「いいのいいの! 頼ってくれたのは嬉しいわ!」

不安に押し潰されそうになり、夜も寝ることが出来なそうだったため、雷に一緒に寝てもらうことにした。人肌恋しいというわけでもないのだが、近くにいてもらえれば安心出来る。

「明日も朝早くに起きるんでしょ? じゃあもう寝ましょ。私も眠いわ」
「ああ、そうしよう」

こんなことにはなっているが、日課のランニングを休むつもりはない。むしろ、より懸命に打ち込むことで、不安を取り除きたいと思った。走っている間だけは無心になれる。いつも以上に身体を酷使してしまいそうだ。

「大丈夫よ、大丈夫。きっといい方向に行くわ」
「……そうあってくれると嬉しい」

私はきっと、誰でもいいからこの言葉を言ってもらいたかったんだと思う。根拠が無くても、大丈夫と、たった一言言ってもらえれば、私の不安は少しくらい消える。
飛鳥医師も摩耶も大人だから、そういった部分は少し濁す。だが雷は違う。記憶を失っているのも含めて、少し子供っぽいため、ズケズケと本心を言ってくれる。その雷に大丈夫と言ってもらえたのは救いだった。

「若葉が選んだことだもの。大丈夫」
「……ああ」

この時ばかりは、雷が姉のように思えた。



翌朝。雷が隣で眠っている中で目を覚ます。日課にしたことで、目覚ましが無くともこの時間には起きることが出来た。雨は止み、うっすら明るくなった外。今日は何事も無いことを祈りながら、雷を起こさないようにベッドから抜け出た。

「……大丈夫。きっといい方向に行く」

自分に言い聞かせるように、雷の言葉を反芻する。自分で選択したことだ。後悔なんてしちゃいけない。助けを求めているものが救い、それが無事助かった。それでいいじゃないか。
あまり気持ちを沈めすぎると、上手く行くことも行かなくなる。今は目を覚ますのを待つことにしよう。

ランニングに行く前に、チラッと医務室を覗く。まだ飛鳥医師も目を覚ましていない早朝。部屋は少しだけ薄暗い。2人の深海棲艦に繋がれた機械が小さく音を立てているのみ。あの機械、私にも繋がれていたものだ。
なるべく静かに2人に近付く。今は安定しているのか、小さな寝息が聞こえた。私の時もこうだったのだろうか。

「……」

無言でその場から立ち去った。これ以上いても無意味だし、変に騒ぎ立てて無理矢理起こすのも可哀想。普段通りに過ごし、来たるべき時に備えることが私の今やるべきことだ。

「ン……」

心臓が飛び出るかと思った。
ただの寝言か、はたまた本当に目を覚ましたのか、私が部屋を出ようとした瞬間に、深海棲艦の片方、黒い方が息を漏らした。どちらにせよ、ほとんど人間や艦娘と同じ仕草であることは言うまでも無い。
思わず振り向く。と、そこには身体を起こした黒い方。ぼんやりした瞳でこちらを見ていた。身体に付けられた機械に関しては気にしていないようだった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析