ハーメルン
転生して電子生命体になったのでヴァーチャル配信者になります
#12 初めての記念配信(前編)

さて、なぜ私がわちるさんにお祝いされていたのかというとつい先日、ついに私が配信を行っているVちゅーぶのチャンネル登録者数が1000人を突破し、ほぼ同時にメイクフォロワーも1000人を超え、四桁に突入したのです。
メイクで拡散された動画が私のものであると早々に判明したようで、チャンネル登録者数もメイクフォロワーも爆発的に増え、今なお増加傾向にあります。
そのせいで当初の100人記念だとか、500人記念だとか小刻みにお祝いしていく予定が吹き飛んでしまいました。嬉しいことなんですけどね。

皆さん登録者とフォロワーが大台に乗ったことをお祝いする言葉をつぶやいていただき、なんと最近では私の絵を描いてくださる方まで現れるようになり、大変感謝しております。
その気持ちに応えるため、今回は感謝の長時間配信を行うことにしました。
まあ、長時間といっても私はまだ配信者としてチャンネルを開設して日が浅いですし、チャンネル登録者もVちゅーぶの規定数に到達していないので出来ても4時間が限界なのですが。


「という訳で今回はその4時間を利用していろいろ創っているところを見せていきたいと考えております~」

『わんこ式モデリング助かる』『長時間配信助かる』『こうやって見てるだけで4時間じゃ足りなさそう』『これまた絶景だな』『わんころちゃん浮いとる』

現在私は先日制作した山の頂上、その空の上にいます。ちょっと物理演算をいじくってふわふわ浮かんでいられるようにしております。
とはいえ自由に動けるわけでなくそこに浮いているだけです。
ふわふわと体だけでなく、服もふよふよとまるでお空を泳いでいるようです。

『見え……見え…』『見えた白だ!』『そうだね空はまだ編集してないから真っ白だね(焼却)』『通報しました』『なんでやっ!お前らも一瞬そう思っただろ!?』『開き直るんじゃねえよ』『口に出した時点でアウトなんだよなぁ』

「……ちょっとカメラの位置調整しますね~」

最近視聴者の皆さん遠慮が無くなってきたように思えますね~
それだけ安心してみてくださっているという事なんでしょうか?そういうことにしておきましょう。

「え~、コメントしていただいたように今日はまずこのな~んにもない空を創っていきますよ~」

そう言って懐から大きめのキャンバスを取り出し展開させます。同じように3Dモデル制作にも用いた"見出し刷毛"を手元に展開し、準備完了です。

「空の色って面白いと思いませんか~?朝や夕方は綺麗なオレンジ色になりますよね~しかもその色もただの単色じゃなくって黄色や朱色、橙色なんかのグラデーションが鮮やかに空一面に広がるじゃないですか~、さらに時間が経つとどんどん色が濃くなっていって紫や暗い青色が現れてくるんですよね~」

キャンバスにまず青系の色を落とし、単調にならないよういくつかの色を重ね塗りしていきます。

「このキャンバスに塗っているのがとりあえずの空の色のサンプルになります~他にも天気や時間、季節などで変化した空のバージョンもいくつか作成して、それらをワンセットにしたデータを利用して空の色を表現するつもりです~」

『おおっ!』『いいじゃん』『画像データを時間で合うものに変更していくかんじ?』

「んーとそうですね~もうちょっと複雑なのを考えてます~いま青く塗っているキャンバスも見た目は画像データっぽいですけど実際は色彩データで構成された情報集合体になります~この青系統の色彩データで構成された情報群のようにいくつもの色の情報群を創ってそれらを場合によってその都度展開させて行くんです~」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析