ハーメルン
転生して電子生命体になったのでヴァーチャル配信者になります
#7 違和感が払しょくできないよ!


「なんかゲームっぽくない~?」

皆さまこんにちは、私わんこーろは今日も絶賛生配信中です。先日の人形作りの場面が切り抜かれて様々なSNSで拡散されておりました。

【モデラーワイ、ポリゴンを削るノミを密林で検索中】【こらっ重力で遊んじゃいけません!】【おれだってなぁ!物理演算ONで一発実装してぇんだよ!!】【暇を持て余した神の遊び(V配信)】

などなどのつぶやきが溢れ、その結果今回の配信は開始前から100人以上の方が配信開始を待っていました。あまり関心のなかったチャンネル登録者数も同じくらい増えていました。

はっきり言いまして、とてつもなく緊張してます。配信待ちの人数3桁を確認した時点でお腹の下あたりがきゅっと痛くなったような気がします。もちろん電子生命体なのでそんなことはないのですが。

でも情報データで作られた指先が震えていたのは確かです。
あうあう言いながらなんとか自己紹介を終えて今回の目標を発表しました。
まず前回お披露目したこの、真っ白な空間からポリゴンを切り出し3Dモデルを制作する技術で空間自体を創ることにしました。
イメージとしては、もうこの世界では存在しない日本の原風景。イイ感じの田舎を創っていきたいと考えています。
ただ都市を作っても珍しさはないでしょうし、かつて存在していた日本の風景なら私も前世の記憶からある程度イメージしやすいです。

といっても現在できたことは空間の床を選択して色を付けて、私の周りだけ起伏を付けた程度です。
色は鮮やかな緑色にして、起伏は切り出したポリゴンの形を山っぽく整えて設置。見た目は3Dゲーム初期の荒いポリゴンで作られたフィールドのよう。

『ゲームっぽい?』『どんなゲーム?』『百年前とか言い出すんじゃねーだろーな』

「あ、そっか~ごめんごめん~こんなかんじのことが言いたかったの~」

配信画面に荒いポリゴンのゲーム、そのスクリーンショットを表示させる。懐かしくも味わい深いその映像は今の世代にはいまいちピンとこないかもしれない。ついでだけどこの画像は250年ほど前のデータをサルベージした際に出てきたものです。

『似てる』『キャラがカクカク』『初めて見たぞ』『もはやどんな古物が出てきても驚かない視聴者達』

「うーん、わんこーろ的にはもっとリアルな感じが欲しい~」

荒いポリゴンで構築されたような古い3Dゲームを彷彿とさせるその風景は私の考えている風景とはちょっと違う。
まるで本物みたいな風景を表現したいのだが思った通りにいかないなあ……

「と、いうわけでこんなものをあらかじめ作っておきました~」

などと言いながら私は格納しておいた3Dモデルデータを空間へと展開し、見える状態にします。

『うおおおおおお』『でっかい!』『なにこれ』『木ですね』『この木なんの木』『木になる』

「はい~そのとおりです~これは天然の木を模して作った3Dモデルになります~」

取り出したのは一本の樹を模した3Dモデルです。映像データをかき集めて丁寧に制作したもので、見た目はリアルな樹木としか見えません。
とはいえ視聴者さん達は木材でない天然の木を見たこともない人も多いようなので、そこらへんに設置した後、配信画面をぐるりと回しながら木の外観を映していきます。


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析