ハーメルン
痛みを識るもの
七海と玉狛支部

「やああああああ……っ!」

 緑の衣装を纏った小柄な少女、小南桐絵が片手斧のトリガー────『双月』を手に斬りかかる。

 それを迎え撃つ七海はバックステップでそれを回避し、グラスホッパーを起動。

 ジャンプ台トリガーを踏み込み、距離を取る。

 それと同時にメテオラを放ち、トリオンキューブが射出される。

 地面に着弾したメテオラが爆発し、小南の視界を塞ぐ。

 その隙に七海は横に回り込み、手にしたスコーピオンを投擲。

 爆発の隙間を縫う形で投擲された短刀型のスコーピオンは────小南の『双月』によって打ち払われ、砕け散る。

「甘いのよ……っ!」
「……っ!」

 七海の攻撃を押し返した小南はそのまま地を蹴り、距離を詰めて来る。

 それに対し、七海はもう片方のスコーピオンを投擲。

 同時に再びグラスホッパーを起動し、大きく上へ跳躍する。

「こんなの……っ!」

 投擲されたスコーピオンは再び双月によって打ち払われるが、七海は更に次の手を繰り出す。

 トリオンキューブを精製し、メテオラを撃ち出す。

 炸裂弾が、上空から小南へ降り注ぐ。

「なら……っ!」

 それに対し、小南もまたメテオラを射出。

 メテオラ同士が衝突し、中空で大きな爆発が起こる。

「────接続器(コネクター)起動(オン)

 そして、小南は二つの双月を連結させ、小型の片手斧は大斧へと形を変える。

 一気に上空へ跳躍した小南は連結した『双月』を手に、七海に斬りかかる。

 この状態の双月は、ボーダーのトリガーの中でも随一の切断力を誇っている。

 シールドを張った所で、何の意味も為さない。

 そしてそのリーチと小南の卓越した取り回しにより、生半可な回避行動も無意味だ。

 現在、二人の真下ではメテオラが起爆している最中だ。

 下に逃げる事が出来ない以上、回避軌道は限定される。

「……っ!」

 だが、七海にはグラスホッパーがある。

 確かに大斧の双月とまともに打ち合う事は出来ないが、大型化しただけあって今の双月は至近距離での斬り合いには向いていない。

 防御は一切が無意味だが、懐に入りこめれば勝機はある。

 そう考えた七海はグラスホッパーを踏み込み、小南の懐に飛び込んで────。

「────接続器(コネクター)解除(オフ)
「……っ!?」

 ────右腕と片脚から突き出したスコーピオンは、片手斧に戻った双月によって受け止められた。

 小南は今の一瞬で大斧となった双月を片手斧の状態に戻し、七海の攻撃を受け止めたのだ。

 確かな経験に裏打ちされた手腕による、ハイスピードのトリガー切り替え。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/10

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析