ハーメルン
腐り目、Cクラスに入るってよ
警戒

「相変わらず、孤高と孤独を履き違えてるようだな。ところで……そこで動画を撮っているのもお前の知り合いか?」
 
ば、バレてる……

俺は咄嗟に物陰に隠れようと考えたが、それも一瞬で却下した。堀北会長の運動能力なら一瞬で捕まるだろうし。

そう判断した俺は無抵抗を示すべく両手を上げて3人の前に現れる。

「1年Cクラス比企谷八幡か。動画を撮ったのは俺からポイントを巻き上げて、今日の取引で使ったポイントを補填する為か?」

すると会長か目を細めてそんな事を言ってくるが……

「……おかしいですね。何で会長がそれを知ってるんですか?」

俺は3年Dクラスの先輩に取引を持ちかけた筈だ。3年Aクラスの会長が知っているとは完全に予想外だ。もしかして生徒会長は生徒間のポイントのやり取りを把握出来る権限を持っているのか?

「取引現場の近くにいたからな。ああいう事は隅でやった方がいい」

どうやら会長もスーパーで買い物をしていて偶然俺の話を聞いていたようだ。女先輩も言ったように今後は気を付けて取引しよう。

「あの先輩にも言われましたが以後気をつけます」

「それで?幾らポイントを要求するつもりだ?」

「いや。会長を敵に回すのはヤバそうなんで遠慮します。携帯渡すんで消して構いませんよ」

言いながら携帯を投げ渡す。さっきの攻防を見て交渉カードにする馬鹿はいないだろう。

すると会長は物凄いスピードで携帯を操作して俺に返してくる。

「ただ一つ聞きたいんですけど、答えてくれませんか?」

「何だ?」

「簡単な話です。次の中間試験においてクラスポイントは最大でどのくらい貰えるんですか?」

そこを知りたい。数値次第では過去問を公開するタイミングをずらす必要性があるからな。

「なるほどな。見つけた攻略法を公開するタイミングを見計らうつもりか。答えを言うと最大で100ポイントだ。基準についてはクラスごとの平均点や高順位の生徒の数など様々だ」

「そうですがご助言ありがとうございます」

「この程度助言の内に入らない。しかしCクラスには龍園以外にも面白い奴がいるとはな」

えぇ……アイツと同列扱いって凄い嫌なんだけど。それじゃ俺が問題児みたいじゃねぇか。

「上のクラスに上がりたかったら死に物狂いで足掻け。それしか方法はない」

会長はそう言って去って行く。同時に汗がドッと出てくる。夜風に当たるつもりがとんでもない事になっちまったな。

ため息を吐きながら自販機に向かおうとする時だった。

「待って」

後ろから声をかけられたので振り向くと女生徒が俺を見ていた。

「?何か用か?」

「さっき攻略法とか言っていたけど、赤点を絶対に回避出来る方法があるの?」

なるほど。俺から情報を得たいようだが、馬鹿正直過ぎる。これでは龍園や坂柳を出し抜くのは無理だろう。

「ある……が、それを教えるつもりはない。他クラスにポイントを稼ぐ方法を教えるほどお人好しじゃない」

それにCクラスの大将は退学した場合に生まれるであろうペナルティを知りたがっているから教えない。

つか龍園の性格的にSシステムについて更なる理解を得たら他クラスの生徒を嵌めて、停学や退学によるペナルティを知ろうとするだろう。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析