ハーメルン
腐り目、Cクラスに入るってよ
騒動

「はぁ……」

俺はため息を吐くことしか出来なかった。朝からコイツと出会うなんてマジで厄日かもしれない。

「何ため息吐いてるし!ヒッキーマジキモい!」

すると由比ヶ浜がそんな事を言ってくるがため息を吐くだけでキモい呼ばわりされるとは思わなかったわ。

「……クラスメイト?」

すると神室が質問をしてくる。ただし明らかに嫌そうな表情で、坂柳はゴミを見る目で由比ヶ浜を見ていた。

「同じ中学だった。んでDクラス」

「なるほど。品がない事から予想はしていましたが、やはりDクラスですか」

「煩いし!子供は黙ってるし!」

あ、坂柳の額に青筋が浮かんだ。まあ今のは怒るだろうな。

「比企谷君。友人は選んだ方がいいですよ?」

「友達じゃねぇの。不本意ながら生まれた縁で知り合ったんだよ。それに多分コイツは次の中間で退学を食らうだろうし、直ぐに縁が切れるわ」

「はぁ?!赤点なんか取らないし!」

「いやいや。小テストで5点しか取れない奴が言っても説得力ないからな?」

「え?あのテストで5点ってまずくない?」

俺の返答に神室も由比ヶ浜に対してバカを見る目を向ける。坂柳に至っては冷笑を浮かべている。

「な、なんでヒッキーが知ってんだし?!キモい!マジキモい!キモ過ぎだから!」

「あん?Dクラスの女から聞いた」

昨日会長の近くにいた女にな。つか昨日のアレはマジで何だったんだか。

「それにしても彼女、本当に品がないですね。比企谷君、彼女と何が「煩いし!人の事を悪く言っちゃいけないって事もわかんないの?!子供は口出しするなし!」……決めました。もし彼女が中間試験を突破したら、学校のルールに代わって私が潰します」

坂柳の額に青筋が更に浮かび、神室は同情に満ちた眼差しを俺に向けるがそんな目で見るな。

そこまで考えているとエレベーターの音が鳴り、ドアが開く。するとそこからは雪ノ下が出てくる。畜生、よりによって雪ノ下まで来やがったよ。

「あ!ゆきのん!聞いてよあの子供があたしに酷い事を言うんだし!」

内心ため息を吐いていると由比ヶ浜は戯言を吐いて、それを聞いた雪ノ下はこちらを睨んでくるが、即座に坂柳を見る。

「坂柳さんね?」

「貴女は……どちら様ですか?比企谷君はご存知ですか?」

「雪ノ下雪乃。由比ヶ浜と同様に同じ中学出身」

「雪ノ下……ああ。貴女が陽乃さんの妹ですか」

「?お前陽乃さんを知ってんの?」

「ええ。何度かパーティーであった事がありますが中々油断出来ない人です」

だよねー。あの人と相対した人間は一瞬でも油断した瞬間に負けるだろう。

「それで?陽乃さんの妹さんが私に何の用ですか?」

「……ふん。入学早々女王様気取りとは良い身分ね」

雪ノ下はそう言う。対する坂柳は小さく笑う。

「そんなつもりはありませんよ。その口振りからしてAクラスを狙っているのですか?」

「当然よ。私がいるべき場所はDクラスなんかじゃないわ。近い未来に貴女をAクラスから引き摺り下ろす」

「そうですか。陽乃さんの妹ですから期待してますよ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析