ハーメルン
腐り目、Cクラスに入るってよ
テスト前

「ではHRを終了する。明日は中間試験だが遅刻をしないように」

坂上先生はそう言って教室から出て行く。同時にクラスメイトは立ち上がり教室を後にする。既に全員過去問を暗記している状態だから不安の色はなかった。

「比企谷君、帰りましょう」

「ああ」

椎名がそう言うので俺は了承して立ち上がり教室を後にする。同時にDクラスの教室から叫び声が聞こえてきたので覗いてみると殆どの人がプリントを持って喜びを露わにした。あの反応からして……

「どうやらDクラスも過去問を手に入れたようですね」

椎名の言うように赤点対策として過去問を手に入れたようだ。喜びようが半端ないのは赤点候補だな。現に赤髪と由比ヶ浜がはしゃいでるし。

「AクラスとBクラスは学力が高いですから中間試験で赤点を取る人は出ないですね」

椎名はそう言うが……

「いや、一部の馬鹿は全て覚えられない可能性があるからまだわからない」

「流石にそれはないですよ」

いや…….由比ヶ浜なんてマトモに暗記が出来るとは思えない。特に英語なんて難しい単語もそれなりにあるし。

「どうだろうな。つかDクラスに限って言えば、過去問よりもっと楽な赤点回避方法がある」

「?どんな回避方法ですか?」

「簡単な話だ。クラス全体で協力して全員が全ての科目で5点だけ取れば良い」

赤点の基準はクラスごとに違い平均点を2で割った数字だ。つまり全員で5点取れば平均点は5点、赤点は2.5点を四捨五入して3点となる。いくら由比ヶ浜でも3点は取れるだろう……取れるよな。

まあこの作戦にもデメリットはある。それは全員が協力する保証がない事と、平均点は低いから貰えるクラスポイントが物凄く低くなる事だろう。

ま、結局完璧な作戦はないって事だ。

「確かにそんなやり方もありますね。ですが、そのやり方は上に行く事を放棄、この学校の教育方針に反していますので、ある意味他クラスに負けを認めているようなものですよね?」

椎名の言うことは間違ってない。この学校は完全実力主義で、クラス同士がAクラスの座を賭けてぶつかり、切磋琢磨していき社会に出て問題ない生徒を生み出す事を目的としている。

そんな学校で赤点回避のみに意識を向けるならば、それは暗に他クラスに負けたようなものであるからな。

「まあな。俺の案はあくまで赤点を回避する為だけ、要するに其の場凌ぎだからな。ま、今はDクラスより俺達のクラスだ。頑張ろうぜ」

「はいっ」

俺の言葉に椎名が可愛らしい笑顔を見せてくる。やっぱり癒されるなぁ……

その後、俺と椎名は図書館で最後の仕上げの勉強をして、2人で飯を食べて解散したが、テスト前なのに凄く和やかな時間で幸せだったのは言うまでもない。






その夜……

「う〜ん……むにゃむにゃ……」

午前1時、退学候補筆頭の由比ヶ浜結衣は机の上に突っ伏しながら幸せそうな表情で眠り、無意識のうちに唾液で過去問を汚すのだった。






翌朝……

「よしっ……行くか」

学校の支度を済ませた俺は部屋を出てエレベーターを待つ。そしてドアが開くので中に入ると、先客として龍園が乗っていた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析