ハーメルン
腐り目、Cクラスに入るってよ
中間試験

 
「欠席者はいないようだね。良かった、もし欠席者がいるのならペナルティが発生していたよ」

朝のHRにて坂上先生は試験のスケジュールをホワイトボードに書きながらそう言ってくる。中間試験は5科目だが、今日一日でやる。中学時代は数日かけてやっていたので結構新鮮だ。

教壇に立って生徒たちを1人1人見ていく。
 
「高校生になって初めてのテスト、それも赤点を取ったら即座に退学と普通の学校からしたら理不尽極まりないテストを君達は今から受ける。当然緊張はするだろう。しかし私は君達が赤点を取らない事を信じているよ」

そこからは強い信頼を感じる。坂上先生って見た目は悪そうだが意外と生徒思いなんだよな?

「そんな君達に朗報がある。中間、期末試験を乗りきる事が出来『うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!』な、何だっ?!」
 
突如、背後から圧倒的な叫び声が聴こえて坂上先生の言葉を遮る。声のした方向にはDクラスがあるが、何をやってんた?アレか?赤点を回避しようぜって鼓舞してんのか?

 
「ごほん!話を戻すが中間、期末試験を乗り越えたならば君たちには夏休みにバカンスが待っている。その楽しみのためにも今回の試験全力で望んでくれ。私からは以上だ」
 
坂上先生は早口で言い切り、朝のHRを終了させる。まさかとは思うがさっきの叫び声はバカンスに反応したDクラス男子の叫び声とかないよな?

しかしバカンスか……これ絶対に裏があるだろ。バカンスという名前の特別試験みたいな感じで。この学校には裏がありまくりだから全く信用出来ない。

そこまで考えていると1限目の監督の先生がやってくるので意識を切り替える。先生はカンニングはダメみたいなお決まりの注意をしてプリントを配り始め、全員に配り終わると始めの合図をする。

俺はプリントを確認すると、本当に過去問と同じ問題が並んでいる。流し読みしたが、違いが見つけられない。

まあ過去問抜きでも赤点はないだろうがな。注意するとしたら解答欄のズレくらいだろうな。

そう思いながらも俺はゆっくりと、それでありながら確実に問題を解いていくのだった。







「……では試験はこれで終了する。結果発表は3日後の朝にする」

5時間目の英語が終わり、坂上先生がそう言うと全員がバラバラな動きを見せる。その際に絶望感はなかったので赤点はないだろう。

「比企谷君」

すると椎名が俺に話しかけてくる。

「何だ?」

「試験も終わりましたし、本を買いに行きませんか?龍園君から貰った臨時収入もありますし」

そういや過去問を渡した際の報酬があったな。ま、入学最初の障害が終わったし、リフレッシュするのも悪くないな。

「わかった。行こうか」

「はいっ」

椎名が元気良く頷いたので俺達は2人で教室を出て廊下を歩く。と、そこで進行方向から坂柳が沢山の生徒を連れて歩いてくる。向こうも俺に気付いたようで小さく微笑みながら手を振る。

「朝ぶりですね。比企谷君、中間試験はどうでしたか?」

「全く問題ない。そっちは打ち上げか?」

「はい。比企谷君は彼女とデートですか?」

坂柳はからかうように笑いながらそう言ってくる。それに対して俺は否定の言葉を言おうとするが、その前に椎名が割って入る。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析